毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

空港が舞台の映画

空港や飛行機が舞台の映画、と聞くと見ないではいられません。

最近だと、やっぱりコレでしょ。「ハッピーフライト」。
f0154706_15463013.jpg
ステレオタイプな演出が気にならなくもないけれど、なかなか楽しい映画でした。

洋画では、これが代表的な作品かな。スピルバーグの「ターミナル」。
f0154706_1548459.jpg
JFKを模した空港のセットはすごい。

この元の作品といえるのが、「パリ空港の人々」。
f0154706_15494849.jpg
フランス映画っぽい味付けですね。

空港がちょろっと出てくる「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(邦題は何とかならんのか)もスピルバーグ作品。
f0154706_15484210.jpg
信頼の翼、パンナム全盛時の華やかさが伝わってきます。でも、最後の15分はいらないと思うぞ。どうしてスピルバーグはおセンチな方向に行っちゃうのか。

そうそう。「ハッピーフライト」と「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」には、フランク・シナトラの曲「Come Fly with Me 」が使われていました。これは良かった。シナトラの声はツボにはまる。以来、この曲を聴くと気分は「エアポートハイ」。空港に行って飛び立ちたくなって仕方ありません。

こういうのもありました。CDGが舞台の「シェフと素顔と、おいしい時間」。
f0154706_15505958.jpg
でも、主演している二人(ジャン・レノとジュリエット・ビノシュ)があんまり好きじゃないので、見返す気にはなれないな。「レオン」でジャン・レノを見たとき、「田中小実昌かよ!」(古いね、例えが)と突っ込みを入れた私。帽子が同じなんだもん。

古い作品なら、「大空港」を最初に思い出しますね。
f0154706_15512398.jpg
いま見直したらきっとセットがちゃちに違いない。

アクションもので印象的だったのが、「ダイハード2」。
f0154706_15514199.jpg
航空マニアの友人によれば、「突っ込みどころ満載」。確かに…。面白く作ってある映画だとは思うけど、乗客がたくさん乗った飛行機を平気で落としてしまう乱暴な感覚がイヤ。

意外にあるようで少ないなあ。知らないだけか。もっとあったら教えてください。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-06 15:56 | 空港