毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:09年香港クアラルンプール旅行 ( 10 ) タグの人気記事

トレーダーズホテルの目の前に広がるKLCC公園。
大晦日の夜にはここで花火大会があるというので期待していると、ホテルからケーキがプレゼント!
f0154706_22271565.jpg
可愛いですが、あまりおいしくはありません。ま、縁起物ってことで。

そろそろ12時。正確に始まるんだろうかと思っていたら、ばかにしちゃいけない。時間厳守で花火大会がスタート。予想以上でした。以下、写真をどうぞ。
f0154706_22273627.jpg
f0154706_22274435.jpg
f0154706_2227539.jpg
f0154706_2228419.jpg
最後の方は、ツインタワーが見えなくなる始末。延々、1時間近く続いたかなあ。窓を閉め切っていたのに、部屋の中がなんだか少しきなくさい。ものすごい音と迫力。地響が伝わってくるかのよう。楽しい年越しとなりました。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-30 22:29 | 09年末香港クアラルンプール
トレーダーズホテルのお部屋のことも書いておかなきゃ。

とったのは、デラックスガーデンビュールーム(シティビューだとツインタワーは見られない)。そんなに広くはありません。30平米ちょっと? でもすごく品良くまとまっていて快適です。普段あまり上等なホテルに泊まっていないので、ゴージャスな気分に浸れました。

f0154706_21123513.jpg
ベッドのマット、固さが適度でよく眠れました。

f0154706_21125921.jpg
ベッドの脇には一人分のソファ。

f0154706_21132357.jpg
デスクコーナー。ネットは使い放題です。

f0154706_21134919.jpg
バスルーム。深さも幅も余裕たっぷりのバスタブがうれしかったな。

f0154706_21141418.jpg
ガラスのパーティションを左右に移動させて使うような仕組みでした(シャワーをあびる時にはシャワーブースの方に動かす)。

f0154706_21143137.jpg
トイレにはなんとウォシュレット付き。便器の(向かって)左側に付いているダイヤルがわかるかな? 回すとお水が出てくる簡易タイプ。これで充分。

f0154706_21145813.jpg
バスマットの上になぜか置かれていたチュッパチャプス。どうせなら2個置いてね。

f0154706_21151545.jpg
f0154706_21152453.jpg
これは朝食会場のレストラン。和洋中、中東何でもあり。点心、寿司、おにぎり、おかゆ、パン、ケーキ、ロティ、フムス、麺類、本当にバラエティ豊か。味は良かったですよ。

f0154706_2115506.jpg
わかりづらいのですが、左下がフムス。中東からのお客さんが多いマレーシアならでは?
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-29 21:17 | 09年末香港クアラルンプール
最後に更新してから1ヶ月余り。
記憶がどんどん薄れていくので、これからは急ピッチで更新するつもり。

さて、香港の空港でまったりした後は、クアラルンプールへ。
空港からKLセントラル駅までKLIAエクスプレスに乗りました。約28分。早い早い。
社内もきれいきれい。
f0154706_17552433.jpg
新空港を作るならこういう交通機関を作ってくれないと、ね。

KLセントラル駅から宿泊先のトレーダーズホテルまではタクシー。意外にかかりました。30分ぐらい?

ペトロナスツインタワーを間近で見たくて選んだホテルはシャングリラ系列の4つ星ホテル。値段はシャングリラよりもぐっと安くて1泊1万5000円程度。
f0154706_17554237.jpg
これが窓からの光景です。

f0154706_17561056.jpg
こっちは夜バージョンだ。

f0154706_17562613.jpg
アップにしてみました。モスクをモチーフにしたというペトロナスツインタワー。美しいです。
サムソンが建設した片方の棟が傾きつつあるとも噂されていますが、ホントかな。ぱっと見たところではわかりません。都市伝説なんぢゃ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-29 17:58 | 09年末香港クアラルンプール

念願の…

 台北で2泊3日を過ごした後に、香港へ移動。往路では経由するだけの香港。
 お楽しみは キャセイのラウンジで人気の担々麺。1日に数千食出るらしい、という評判を聞いて以来の念願をかなえました。
f0154706_16202760.jpg
これがラウンジ「THE PIER」(もう一つ、「THE WING」というのもあります)。

f0154706_16204412.jpg
これが担々麺(左)と野菜麺(右)。味は…といえば期待が大きすぎたのでしょう。美味しいよ。美味しいけど、正直なところ「まあ、こんなもんかなあ」。量が少なすぎるのも問題なような。小腹が空いた時にはぴったりだとは思います。

 ラウンジには、このほかにも、牛肉麺、ポーク麺、肉まん、ミニクロワッサン、パウンドケーキやスコーンもあって快適そのもの。お膝元の空港のラウンジだもんね、当然か。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-02-14 16:21 | 09年末香港クアラルンプール

台北 カメラ店街

 放置しまくりの数週間。記憶がどんどん薄れていく。
 ということであわてて再開いたしました。

 今回の旅行で台北の街をぶらぶら歩いて、一番記憶に残ったのは、新光三越裏側に広がっていたカメラ店街(&家電店)。
f0154706_1693860.jpg

あれれ、看板がなんだか同じ。フィルムのデザイン!
f0154706_1695471.jpg
よく見ると、カメラとは関係ないサブウェイまで同じ看板ではないですか。通りで看板を揃えるなんて気が利いている。日曜日でお店がほとんど閉まっていたのが残念!
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-02-14 16:10 | 09年末香港クアラルンプール

台北甘味

旅行に行くと毎日絶対甘味を食べているような。

台北では、MRT淡水線の雙連駅近くにある雙連圓仔湯に行ってみました。
f0154706_04577.jpg

かき氷やお汁粉がおいしいと評判のお店。日本語メニューもばっちり。
さて、いただいたのは小豆・蓮の実・白玉と、
f0154706_053422.jpg
乾燥竜眼・白キクラゲ・白玉
f0154706_052470.jpg

甘さ控えめで、白玉が美味しい。なんというか、ほわっと柔らかくてツルツル。のどごしがよい。
美味しいです。でもちょっと量がお上品過ぎますわ。2品で110TD也

このほか、甘味ではないけれど、迪化街で車輪餅を買い食いしたり、
原味蛋餅というお好み焼き風簡易スナックを食べたりしているうちに、台北の2泊3日はあっという間に過ぎたのでした。
f0154706_07969.jpg
これが車輪餅。見かけは今川焼き。小豆入りのほか、切り干し大根入りの不思議な種類もあります。けっこういけました。食べかけですみません。1個10TD

f0154706_093633.jpg
これが原味蛋餅。子どものおやつってカンジ。チリソースや甘めのソースをかけていただきます。素朴ですな。30TD
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-19 00:13 | 09年末香港クアラルンプール

台北ご飯その2

今回の短い台北滞在での大収穫は、このお店に行けたこと! 
杭州小籠湯包です。

迪化街にある行きつけのお茶のお店・王瑞珍茶業有限公司のご主人、邱さんから紹介されました。
「鼎泰豊のよりずっと美味しくて、ずっと安いから!」と熱弁をふるわれ、お勧め料理をチェックしたショップカードまでもらったので、これはもう行くしかない。
ちなみに、王瑞珍茶業有限公司はすごく良心的、信用できるお茶屋さんです。ここで買ったお茶にはずれなし、と言い切ってしまおう。

夜7時過ぎ、杭州小籠湯包の本店はお客さんでいっぱいでした。決して便利な場所でもきれいなお店でもないのにねえ。屋台に毛が生えた程度のお店です。
f0154706_0274232.jpg
この写真でわかるかな。とにかくすごい熱気でした。

待とうかな、どうしようかなと迷っていると(待つのが死ぬほどきらいな夫婦なので)、お店の奥から日本語堪能なおばあさんが登場。「もう少し先に支店があってそっちの方がきれいだからいいわよ」と言うではないですか。行ってみたら確かにきれい。レストランっぽい。でも、そっちの方がさらに行列が長い。これは本店の方が早そうだと本店に戻って、ちょっと待っているとラッキー!席が空きました。

いただいたのは、小籠湯包、乾隆灌湯餃、三鮮鍋貼、豆鼓排骨の4品。邱さんが「ぜひ食べて」と太鼓判を押した料理です。
f0154706_0312747.jpg
小籠包。客が100%注文している小籠包。肉汁がたまりません。大量に食べている人も多し。あ、私たちも。90TD
f0154706_0313829.jpg
薬味はセルフで調達します。てんこもりで汚くてすみません。高級感ゼロのお店。でもいいの、美味しいから。
f0154706_0331535.jpg
三鮮鍋貼。日本で言う「鍋貼餃子」ですな。餡も美味しいけど皮がいい。110TD
f0154706_0335593.jpg
乾隆灌湯餃。90TD
f0154706_0382828.jpg
豆鼓排骨。スペアリブの豆鼓蒸しです。初めて食べたよ、こんなスペアリブ。50TDですよ!!(150円弱)

結果。ものすごーく満足。うまいです。実は我々、鼎泰豊は未体験なので(くどいけど並ぶのはイヤなので)比較はできませんが、美味しい小籠包だと思う。小籠包だけじゃなくて、ほかの料理も満足度高し。豆鼓排骨の味も忘れられません。

台北に来たらまた食べなくちゃ!と心に誓った夕食でした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-18 00:40 | 09年末香港クアラルンプール

台北ご飯その1

台北に到着し、ホテルで一休みした後、ご飯を食べに外へ。
私は空腹が我慢できないタチなので(低血糖気味)、近場で済ませることに。
で入ったお店がこちら。一品山西刀削麺之家。
f0154706_0215189.jpg

こぢんまりとした清潔なお店で食べたのは、
台湾名物・牛肉麺と牛肉トマト麺と小籠包。全部で320TD也。コストパフォーマンスの高い夕食で台北初日を終えました。
f0154706_0222619.jpg
牛肉麺です。
f0154706_0225911.jpg
牛肉トマト麺。トマトの酸味が美味しい。
f0154706_023315.jpg
小籠包。値段を考えれば上出来でしょう。100TDだもんね(270円ぐらい)。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-18 00:24 | 09年末香港クアラルンプール

台北のホテル

今回、台北には2泊しました。
宿泊したのは迪化街のホテル、東呉大飯店
これはもう大正解!! これから台北滞在時の定宿になること確実です。

東呉大飯店のどこがよかったのか。
・価格がリーズナブル 1泊2400台湾ドル(7000円)!
・部屋の広さも充分、スーツケースもしっかり広げられる
・ホテルや部屋の内部は清潔でぴかぴか。よく手入れされている
・バスタブ付きでお湯の温度や水量も問題なし
・スタッフは親切で愛想が良くて好印象
・無線LAN利用可(無料)
・立地がローカル。迪化街は乾物屋が建ち並ぶ一帯で、食べ物屋もたくさん
・地下のレストラン(朝食をとるお店でもある)には各国の雑誌がたくさん!眺めるだけでも楽しいです。

難点もあります。
交通の便がいまいち。近くに地下鉄の駅がなくて、どこから歩いても20分以上はかかりそう。価格が安いのはそのためでしょう。
でも大丈夫。バスがあります。中山駅や台北駅行きのバスがばんばん出ていてバス停も至近。全然困りませんでした。タクシーも安いしね。私たちは最初は台北駅からタクシーを使いましたが、料金は105台湾ドル(約300円)也。

というわけで、コンパクトで清潔でカンジのよいお手頃価格のホテルを探している人で、バスを使うのがイヤじゃないという人には絶対にお勧めです。

f0154706_21513816.jpg
入り口です。なんだか美しく撮れてますなあ。ちょっと実物以上かな。実際は迪化街にとけ込んでいる印象です。
f0154706_21521028.jpg
ロビーもきれいにメンテされてました。全体的に「手抜きしていない」ホテルです。
f0154706_21542779.jpg
f0154706_21525473.jpg
アジアのホテルはTVがでかい。CSが入っていてチャンネル数は100以上ありました。
f0154706_21535433.jpg
部屋の入り口近くになぜか体重計が…。
f0154706_21523747.jpg
ポットやカップ完備。必要なものは揃っていました。
f0154706_21531130.jpg

f0154706_21533242.jpg
バスタブ付きでした。深さはまあまあ。お湯の出がよかったのがうれしい。
f0154706_21541257.jpg
適度な固さのベッド、ぐっすり眠れました。

書き忘れてましたが、ここは
BOOKING.COMを通して予約したのですが、10日前にホテルから直接、確認のメールが届きました。内容は↓

Dear Sir/Madam,
We have already arranged room for you.
Please confirm reservaions as follow and tell us arrive time.
check in:Dec 26th 2009
check out: Dec 28th 2009
Thank you very much.

返事を送るとまた「ありがとう」のメールが。決して高くはないホテルでこのサービス。期待できるかもと思っていたらその通りでした。こういうホテルに出くわすと「やったあ!!」という気になりますねえ。うれしい。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-11 22:06 | 09年末香港クアラルンプール

出発の日の成田空港

出発の日。

報道では、12/26は成田出国ラッシュ、のはず。
↓のような光景を予想していたら…
f0154706_1831950.jpg

これですよ、これ。
f0154706_18255238.jpg
f0154706_1826027.jpg
f0154706_1826851.jpg
f0154706_18261429.jpg

がらがらじゃん。いつもより空いていて拍子抜け。熱気の中での旅立ちを期待していたからちょっと残念。気を取り直して、搭乗前にカレーを食べました。
今回はターミナル2。1タミと比べるとあまり選択肢なし。
ということで、よく行っているカレー専門店ラ・トックへ。
チキンカレーと野菜カレー。可もなく不可もなし。けっこう辛いです。
f0154706_18232091.jpg

お茶を飲もうと、3階のAVIONへ。ここはね、飛行機がよく見えるんですの。
目に飛び込んできたのがアメリカン航空。
f0154706_18245790.jpg
ピンクリボンキャンペーン(乳ガンの)協賛ということで、機材に描かれている桃色のリボンが致命的に趣味が悪い…。
f0154706_18253198.jpg
機内食です。ええっと中身はなんだっけ?
どんどんしょぼくなるキャセイの機内食。趨勢なんでしょうか。

読書に熱中していたらあっという間に台北着。あいかわらず湿度が高い。ともあれ、楽しい旅のスタートです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-10 18:32 | 09年末香港クアラルンプール