毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ホテル ( 34 ) タグの人気記事

迪化街散策は楽し

CX451(A330)で桃園国際空港に到着したのが午後3時半。いつものようにバスで台北駅に出て、そこからタクシーで東呉大飯店に到着。
f0154706_1453740.jpg

いまや台北の定宿となった東呉大飯店についてはこのページを参照のこと。いつも清潔できちんとしていてフレンドリーなホテルです。今回はこのホテルで2泊。朝食について触れておくと、場所は地下1階のレストラン。
f0154706_14551710.jpg
決して豪華ではないけれど、おかゆ、日本のご飯、お味噌汁、トーストなど一通り揃っています。
f0154706_14545338.jpg

楽しいのがこの雑誌コーナー。
f0154706_14561275.jpg
ほらね。外国の雑誌がいっぱい。
f0154706_14562554.jpg
旅行関係の雑誌もあるある。
お茶しながら読書するのもいいかも(今回はしなかったけど)。

朝食を食べたら、近くの迪化街の散策に。
f0154706_14572544.jpg
f0154706_14573562.jpg
こんな風に趣のある建物が少なからず残っているので、見上げて歩くと楽しい。
f0154706_1458148.jpg
ホテルには、迪化街散策マップが用意されていました。
f0154706_14583475.jpg
f0154706_1544384.jpg


途中で見つけたのが、「順天堂」という名前の薬局。
f0154706_14593011.jpg
日本の順天堂大学と同じ名前だ。医学的な意味があるのかと調べてみたら、「順天」とは、この宇宙を創造した天に順(したが)い、人々に奉仕することを意味するそうです。

お腹が空いたので、永樂鶏捲大王で蝦捲(エビの揚げ物)と鶏巻を食べてみることに。
f0154706_14595857.jpg
これが蝦捲。外はからっと揚がり、中はしっとりと柔らかくて…のはずが、あれ??? からっと感ゼロ。
f0154706_1502640.jpg
こっちが鶏捲。鶏捲といっても中身は鶏じゃなくて豚肉と野菜。調味料、魚漿などと合わせて湯葉で包み、油で揚げた一品です。
f0154706_1514486.jpg
これは魯肉飯ね。しかし、どれもいま一つ…のような。台灣小吃の定番らしいので、台灣小吃の本場・台南での味を期待しよう。
ちなみにお代は蝦捲40TD、鶏捲60TD、魯肉飯20TD。計120TD(約341円)でした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-06 15:07 | 10年年末台湾旅行
香港のホテル選びにはいつも苦労しております。みんなそうだよね。狭くて高い。安いとやはりそれなり。年始に泊まったアイランドパシフィックホテルも今ひとつだったっけ。

で、今回は前回の香港旅行でぶらぶら歩いて町の雰囲気が気に入った湾仔に的を絞り、探してみました。見つかったのが、クチコミの評判が上々だったメトロポールホテル湾仔

値段はSpacious Comfort Room 3泊4日で HKD 2,376(日本円で2万6200円)。これは、Special 3 nights promotionで、室料は10%offという設定です。ホテルのサイトから申し込みました。

結果、ホテル選びは大正解。もう定宿にしちゃおうかなーと思えるぐらい気に入りました。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 17:38 | 10年5月香港旅行
トレーダーズホテルの目の前に広がるKLCC公園。
大晦日の夜にはここで花火大会があるというので期待していると、ホテルからケーキがプレゼント!
f0154706_22271565.jpg
可愛いですが、あまりおいしくはありません。ま、縁起物ってことで。

そろそろ12時。正確に始まるんだろうかと思っていたら、ばかにしちゃいけない。時間厳守で花火大会がスタート。予想以上でした。以下、写真をどうぞ。
f0154706_22273627.jpg
f0154706_22274435.jpg
f0154706_2227539.jpg
f0154706_2228419.jpg
最後の方は、ツインタワーが見えなくなる始末。延々、1時間近く続いたかなあ。窓を閉め切っていたのに、部屋の中がなんだか少しきなくさい。ものすごい音と迫力。地響が伝わってくるかのよう。楽しい年越しとなりました。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-30 22:29 | 09年末香港クアラルンプール
トレーダーズホテルのお部屋のことも書いておかなきゃ。

とったのは、デラックスガーデンビュールーム(シティビューだとツインタワーは見られない)。そんなに広くはありません。30平米ちょっと? でもすごく品良くまとまっていて快適です。普段あまり上等なホテルに泊まっていないので、ゴージャスな気分に浸れました。

f0154706_21123513.jpg
ベッドのマット、固さが適度でよく眠れました。

f0154706_21125921.jpg
ベッドの脇には一人分のソファ。

f0154706_21132357.jpg
デスクコーナー。ネットは使い放題です。

f0154706_21134919.jpg
バスルーム。深さも幅も余裕たっぷりのバスタブがうれしかったな。

f0154706_21141418.jpg
ガラスのパーティションを左右に移動させて使うような仕組みでした(シャワーをあびる時にはシャワーブースの方に動かす)。

f0154706_21143137.jpg
トイレにはなんとウォシュレット付き。便器の(向かって)左側に付いているダイヤルがわかるかな? 回すとお水が出てくる簡易タイプ。これで充分。

f0154706_21145813.jpg
バスマットの上になぜか置かれていたチュッパチャプス。どうせなら2個置いてね。

f0154706_21151545.jpg
f0154706_21152453.jpg
これは朝食会場のレストラン。和洋中、中東何でもあり。点心、寿司、おにぎり、おかゆ、パン、ケーキ、ロティ、フムス、麺類、本当にバラエティ豊か。味は良かったですよ。

f0154706_2115506.jpg
わかりづらいのですが、左下がフムス。中東からのお客さんが多いマレーシアならでは?
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-29 21:17 | 09年末香港クアラルンプール
最後に更新してから1ヶ月余り。
記憶がどんどん薄れていくので、これからは急ピッチで更新するつもり。

さて、香港の空港でまったりした後は、クアラルンプールへ。
空港からKLセントラル駅までKLIAエクスプレスに乗りました。約28分。早い早い。
社内もきれいきれい。
f0154706_17552433.jpg
新空港を作るならこういう交通機関を作ってくれないと、ね。

KLセントラル駅から宿泊先のトレーダーズホテルまではタクシー。意外にかかりました。30分ぐらい?

ペトロナスツインタワーを間近で見たくて選んだホテルはシャングリラ系列の4つ星ホテル。値段はシャングリラよりもぐっと安くて1泊1万5000円程度。
f0154706_17554237.jpg
これが窓からの光景です。

f0154706_17561056.jpg
こっちは夜バージョンだ。

f0154706_17562613.jpg
アップにしてみました。モスクをモチーフにしたというペトロナスツインタワー。美しいです。
サムソンが建設した片方の棟が傾きつつあるとも噂されていますが、ホントかな。ぱっと見たところではわかりません。都市伝説なんぢゃ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-03-29 17:58 | 09年末香港クアラルンプール

台北のホテル

今回、台北には2泊しました。
宿泊したのは迪化街のホテル、東呉大飯店
これはもう大正解!! これから台北滞在時の定宿になること確実です。

東呉大飯店のどこがよかったのか。
・価格がリーズナブル 1泊2400台湾ドル(7000円)!
・部屋の広さも充分、スーツケースもしっかり広げられる
・ホテルや部屋の内部は清潔でぴかぴか。よく手入れされている
・バスタブ付きでお湯の温度や水量も問題なし
・スタッフは親切で愛想が良くて好印象
・無線LAN利用可(無料)
・立地がローカル。迪化街は乾物屋が建ち並ぶ一帯で、食べ物屋もたくさん
・地下のレストラン(朝食をとるお店でもある)には各国の雑誌がたくさん!眺めるだけでも楽しいです。

難点もあります。
交通の便がいまいち。近くに地下鉄の駅がなくて、どこから歩いても20分以上はかかりそう。価格が安いのはそのためでしょう。
でも大丈夫。バスがあります。中山駅や台北駅行きのバスがばんばん出ていてバス停も至近。全然困りませんでした。タクシーも安いしね。私たちは最初は台北駅からタクシーを使いましたが、料金は105台湾ドル(約300円)也。

というわけで、コンパクトで清潔でカンジのよいお手頃価格のホテルを探している人で、バスを使うのがイヤじゃないという人には絶対にお勧めです。

f0154706_21513816.jpg
入り口です。なんだか美しく撮れてますなあ。ちょっと実物以上かな。実際は迪化街にとけ込んでいる印象です。
f0154706_21521028.jpg
ロビーもきれいにメンテされてました。全体的に「手抜きしていない」ホテルです。
f0154706_21542779.jpg
f0154706_21525473.jpg
アジアのホテルはTVがでかい。CSが入っていてチャンネル数は100以上ありました。
f0154706_21535433.jpg
部屋の入り口近くになぜか体重計が…。
f0154706_21523747.jpg
ポットやカップ完備。必要なものは揃っていました。
f0154706_21531130.jpg

f0154706_21533242.jpg
バスタブ付きでした。深さはまあまあ。お湯の出がよかったのがうれしい。
f0154706_21541257.jpg
適度な固さのベッド、ぐっすり眠れました。

書き忘れてましたが、ここは
BOOKING.COMを通して予約したのですが、10日前にホテルから直接、確認のメールが届きました。内容は↓

Dear Sir/Madam,
We have already arranged room for you.
Please confirm reservaions as follow and tell us arrive time.
check in:Dec 26th 2009
check out: Dec 28th 2009
Thank you very much.

返事を送るとまた「ありがとう」のメールが。決して高くはないホテルでこのサービス。期待できるかもと思っていたらその通りでした。こういうホテルに出くわすと「やったあ!!」という気になりますねえ。うれしい。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-01-11 22:06 | 09年末香港クアラルンプール

ホテル編

今回のソウル旅行で泊まったホテルは2軒。どちらもコストパフォーマンスはきわめて高いと感じました。

まず仁川ゲストハウス。空港近くのワンルームマンションを利用したホテルで、室内にはミニキッチンあり、洗濯機あり。TVもポットもカップも必要なものはほぼ揃っています。ベッドのクッションがいま一つだったのをのぞけば、文句なし。とりあえず空港のそばで一泊したい人にはおすすめの選択肢です。

f0154706_1647516.jpg
泊まったのは最上階(12階)の部屋。写真は廊下から吹き抜けを見下ろしたところ。面白い光景です。1階には食堂や24時間営業のコンビニ(ミニストップだった)が入っていました。

f0154706_16491833.jpg
ツインベッド。素っ気ないぐらいシンプル。でもいいの、1泊だけだし。
f0154706_1649376.jpg
小さなテーブルセット。テレビのチャンネルはたくさんありました。あんまり見てないけど。
f0154706_16495653.jpg
扉を開けると、そこにはキッチンが。お茶を飲みたい時には便利だよね。
f0154706_16502194.jpg
バスタブはありません。シャワーブースのみ。私は、下手に浅いバスタブが付いているより、密閉度の高いシャワーブースの方が好み。水圧、温度、問題なしです。写真では見えないけれど、左の手間に洗濯機がありました。大宇製。こんなものまで作っているとは知らなかった…。


2日目、3日目に宿泊したのが、ホテルプリンスソウル。明洞に行くのにいちいち地下道を通らなければならないのが面倒かも、と予想していましたが、全然手間じゃなかった。地下鉄の明洞駅の2番出口から徒歩1分。便利なロケーションです。

f0154706_1772578.jpg
こっちのベッドマットは寝心地、良かったです。狭いけれど、清潔な室内。
f0154706_1774384.jpg
「赤」をアクセントにしたインテリアでなかなかオシャレ。家具がコンパクトにまとまっています。ただ、大きなスーツケースだと開けられないかも。残念だったのがポットがなかったこと。毎日、コーヒーを持ち帰って飲んでいました。
f0154706_178611.jpg
浴槽なしのお部屋でした。水圧、温度ともに良好。トイレはウォシュレットタイプ、これはうれしい。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-07-19 17:04 | 09年7月ソウル旅行

準備編

水疱瘡にかかったり、若年性白内障の手術をしなくちゃいけなかったりで、気分がめいる一方の5月末〜6月末。気分転換にソウル旅行を思い立ち、チケットを探していたら、思いの外、安く行けることを知り、即決しました。出かけたのは7月上旬。以下、手配の内容や行程です。

<手配>

■Air
航空券代金: 25,600円(大人2名分)
空港利用料・海外諸税(燃油代含む): 10,300 (大人2名分)
合計: 35,900円 (2名分)
取扱手数料 1,890円
合計: 37,790円
スカイゲートで購入

■Hotel
ソウル 1日目  
仁川ゲストハウス 
宿泊料  4,000円
楽天トラベルで予約

ソウル 2日目・3日目
ホテルプリンス ソウル
宿泊料 95,041ウォン(約7200円)
Hotelwide.comで予約

<行程>

1日目(金)  成田→仁川  NRT-ICN アシアナ航空 OZ105便 B767  
20:30発23:00着
2日目(土)  ソウルでぶらぶら
3日目(日)      〃
4日目(月)  仁川→成田  ICN-NRT アシアナ航空 OZ102便 B777-300
10:00発12:10着

7月の3連休前だとチケットは本当に安いのねーとびっくり。諸税含めて一人2万円弱でソウル往復できるなんてやみつきになりそうです。初めて乗ったアシアナは快適でした。
最初は、土曜の午前の便(9時発)で行って月曜の夕方の便で戻ろうと考えていたけれど、午前発は値段が高い。朝早く起きるのもつらいなーと考え直し、金曜日の最終便で行って、月曜日の朝の便で戻ってくることに。

感想としては、この方がよかったかも。
1日目に泊まった仁川ゲストハウスは空港から車で10分の場所にあり、空港から電話をかけるとすぐに迎えて来てもらえます。朝は、4時50分から1時間おきに空港まで車が出ているのも便利。2日目の朝は、8時50分の車に乗せてもらって空港に行き、空港からリムジンバスに乗って市内に出ました。所要時間は1時間。2日目は10時過ぎから動き出せたわけです。本来午後にならないとチェックインできないはずのホテルも、15分待ってくれれば部屋に入れると言われ、早々にチェックインできました。

2日目、3日目のホテルは当初、前回泊まったイビス明洞を考えていましたが、予約が入らず、ソウルプリンスに。でも、このホテルもイビス明洞に劣らず、すごく便利な場所にあり、お部屋も清潔で快適。スタッフの感じも良く、気に入りましたー。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-07-19 16:18 | 09年7月ソウル旅行

トルノス

3月にソウルに旅行に行くので、ホテルを予約!と思ったら、希望のところが満室。連休なので、早々と埋まってしまったらしい。

あせって、楽天トラベル、JHC、アップルワールド、agoda、Asia Room、Asia Travelコネスト、ソウルナビと探しまくって、結局ここで予約しました。JTBがこの今年1月からスタートしたばかりのトルノスです。
 
f0154706_2253861.jpg

ホテルと航空券を自由に組み合わせできて、予約から決済までぜーんぶネット上で完結できる予約サイトなんですが、びっくりしました。すごくよく出来ている。さくさく早いし、わかりやすくて見やすい。ほかでは満室になっているホテルもここには出ているし。

私が今回予約したイビスアンバサダー明洞も、agodaとコネストを除いては全滅でしたが、トルノスは朝食付きで一番安かった。すごく気に入りました。ちょっと褒めすぎかな? なんというかJTBらしからぬサイトです。

ソウルへの旅行は3泊4日、実質自由時間は丸2日なんですが、すごく楽しみ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-01-25 22:11 | 旅行関連使えるサイト

バンコクホテル遍歴

今年の大晦日を過ごすホテルはどこにしようと考えているうちに、自分がずいぶんいろいろなホテルを転々としてきたことを改めて実感。で、まとめてみました。

エバーグリーンローレルホテル
はじめてバンコクに行った時に利用しました。バンコクの地理などまったくわからないまま、言葉の響きの良さに惹かれて予約したら、あら、すごく良いホテル。高級感あります。部屋も広め、ロビーもなかなかゴージャス。ただ、最寄り駅(サラデーン)から徒歩10分強の距離がこたえました。コンベント通りをひたすらてくてく、てくてく。で、もっと便利なホテルを探すことになるのです。

スイスロッジ
このホテルはコンベント通りを歩いている時になんとなく目に入り、泊まってみたのですが、いや、実に私好みのホテルでした。部屋数57、こぢんまりとしていてけばくない。サラデーン駅から徒歩5分と至便なのに静か。回りにはレストラン、屋台、コンビニ各種揃っていて困りません。あまりに気に入り、以後、バンコクの定宿となりました。1週間ぶっつづけで泊まったこともあります。
しかし、サービスアパートの存在を知ったことで、このホテルから足が遠のくように…。嫌いになったわけじゃない。ほかに気になる存在ができただけってカンジですか。

センターポイントシーロム
ザ・エレガンス・コート
エバーグリーンプレイス
シャトー・デ・バンコク
ザ・ビクトリー
センターポイントペッブリー
ル・ブア・アット・ステートタワー
これらはぜーんぶサービスアパート。詳細は、ここここここをどうぞ。

キッチン付きの部屋って便利かなーと利用しはじめたサービスアパート。すっかり気に入り、いろいろなところを試してみました。そのうち、リビング・キッチン付きの「ホテルのスイートルーム」もいいんじゃないかと思い始め、ふたたびホテル派に回帰。ただし、スイートは高いので場所を選びつつね(観光客に不人気の立地だと比較的安い)。

プリンスパレス
ホテル派に戻ってから泊まったのがここ。素晴らしい! (私にとっては)立地は最高、部屋は広くてキッチン付きで何より安い。詳しくはここへ。

さて、いまの気持ちは「原点回帰」。お気に入りだったスイスロッジです。大晦日はどこのホテルもそれなりの値段ですが、スイスロッジならそう高くない。スイートでも1泊1万5000円ぐらい。こぶりでコージーでフレンドリー、駅近、交通至便、近くにコンビにあり、従業員のサービス良し、ただし展望は望めず(隣は学校だ)のホテルにいま一度泊まりに行こう。そう決めています。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-14 22:41 | ホテル