毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:バンコク ( 11 ) タグの人気記事

エアポートリンク

バンコク都心部とスワンナプーム空港を結ぶ新路線エアポートレイルリンクが、8月23日に開通するとか。
f0154706_11332739.jpg

電車は2種類。
・ SA Express
空港駅とマッカサン駅間がノンストップ約15分  100バーツ
・ SA City Line
空港駅からマッカサン駅を経由してBTS駅のあるパヤータイ駅まで各駅停車で約30分  15〜45バーツ

これだけ聞くと、「お、便利になった」と思いますが、大きな問題点があるようです。

続きを読む
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-19 11:37 | 空港

バンコクホテル遍歴

今年の大晦日を過ごすホテルはどこにしようと考えているうちに、自分がずいぶんいろいろなホテルを転々としてきたことを改めて実感。で、まとめてみました。

エバーグリーンローレルホテル
はじめてバンコクに行った時に利用しました。バンコクの地理などまったくわからないまま、言葉の響きの良さに惹かれて予約したら、あら、すごく良いホテル。高級感あります。部屋も広め、ロビーもなかなかゴージャス。ただ、最寄り駅(サラデーン)から徒歩10分強の距離がこたえました。コンベント通りをひたすらてくてく、てくてく。で、もっと便利なホテルを探すことになるのです。

スイスロッジ
このホテルはコンベント通りを歩いている時になんとなく目に入り、泊まってみたのですが、いや、実に私好みのホテルでした。部屋数57、こぢんまりとしていてけばくない。サラデーン駅から徒歩5分と至便なのに静か。回りにはレストラン、屋台、コンビニ各種揃っていて困りません。あまりに気に入り、以後、バンコクの定宿となりました。1週間ぶっつづけで泊まったこともあります。
しかし、サービスアパートの存在を知ったことで、このホテルから足が遠のくように…。嫌いになったわけじゃない。ほかに気になる存在ができただけってカンジですか。

センターポイントシーロム
ザ・エレガンス・コート
エバーグリーンプレイス
シャトー・デ・バンコク
ザ・ビクトリー
センターポイントペッブリー
ル・ブア・アット・ステートタワー
これらはぜーんぶサービスアパート。詳細は、ここここここをどうぞ。

キッチン付きの部屋って便利かなーと利用しはじめたサービスアパート。すっかり気に入り、いろいろなところを試してみました。そのうち、リビング・キッチン付きの「ホテルのスイートルーム」もいいんじゃないかと思い始め、ふたたびホテル派に回帰。ただし、スイートは高いので場所を選びつつね(観光客に不人気の立地だと比較的安い)。

プリンスパレス
ホテル派に戻ってから泊まったのがここ。素晴らしい! (私にとっては)立地は最高、部屋は広くてキッチン付きで何より安い。詳しくはここへ。

さて、いまの気持ちは「原点回帰」。お気に入りだったスイスロッジです。大晦日はどこのホテルもそれなりの値段ですが、スイスロッジならそう高くない。スイートでも1泊1万5000円ぐらい。こぶりでコージーでフレンドリー、駅近、交通至便、近くにコンビにあり、従業員のサービス良し、ただし展望は望めず(隣は学校だ)のホテルにいま一度泊まりに行こう。そう決めています。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-14 22:41 | ホテル

Asia Rooms

もうすぐバンコク旅行。ホテルの予約をしていたAsia Roomsから、確認のメールが来ました。{This is reminder to remind you of your reservation」とあり、メールに記載されているURLをクリックすると、こんなページに飛びます。

f0154706_1312325.jpg
「Your Hotel Booking Reservation Status」というタイトルのページで、予約した内容が詳しく出てます。なんだかうれしい。旅行気分が盛り上がります。同じネット上のホテル予約サイトの中にはこのあたりのフォローがあまいところもありますが、Asia Roomsは上出来。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-05-31 01:32 | ホテル

バンコクのホテル決定

6月初旬に行くバンコクのホテルを予約しました。
BTS(高架鉄道)オンヌット駅界隈のホテル、Imm Fusion

ここに決めた理由はー
1. 始発のオンヌット駅から徒歩1分
2. 空港からは近い(約30分)
3. 今年1月にできたばかり
4. 料金格安(中心地からちと遠いので、デラックスルームでも8000円ほど)
5. 界隈はきわめてローカル色の濃い一帯

ってところです。
中心地の風俗街からは少し遠いので、サエない売春オヤジの姿を見ることも少なさそう。これ大事です。いくらタイが売春天国で、GDPの約2%を売春産業が占めているとはいえ、タイの女の子(もしくは男の子)をつれた日本のサエないオヤジの姿はあまり見たくない。

今回、Imm Fusionのほか、シーロム通りにあるThe Heritage Baan Silomも候補に挙がってました。こっちも、シーロム通り沿いとはいえ、BTSの駅からはちょっと歩くので、オヤジも少なかろうと。結局、慣れ親しんだシーロム地区より、全然見知らぬオンヌット地区を体験するのもおもしろうそうだと、見送ることになりましたが、後ろ髪引かれます。次回はここに泊まるつもり。

さあ、オンヌット地区、どんなカンジなんでしょう。楽しみだ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-05-11 21:32 | ホテル

予約完了

6月初旬のバンコク旅行のチケット、予約完了。
いろいろ考えた末、タイ航空のサイトから正規割引「TGスーパーバリュー」に決めました。
f0154706_15144864.jpg


理由は以下の通り。

1. 米国系エアラインはいや(狭い=座席、まずい=機内食、悪い=発着時間帯)
2. 直行便
3. 燃油サーチャージを含めた価格が手ごろ
  成田発午前便、バンコク発夜中の便ですべて込み込みで6万120円。
4. 事前座席指定が可能
5. マイル加算可能

1と2を満たすだけならANAやJAL、SQもあるのですが、日系は燃油サーチャージが高すぎなのがむかつくのでパス。代理店が扱っている格安チケットだと4が不可能なケースがほとんどなので、SQよりはちょっと安い「TGスーパーバリュー」と相成りました。

タイ航空は、搭乗時からタイ気分を味わえるのがいいし、時間帯もgood。あとはホテルだ!
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-05-04 15:18 | 飛行機

バンコクのホテル

6月の上旬にバンコクに旅行に行くつもりです。これでいったい何回目、多分15回目。

でいま、俄然ホテル探しにやっきになってます。これはもう病気ですね。いままで泊まったところで気に入ったホテルに決めてしまえばいいものを、どうもそれでは納得いかない、もっと良い選択肢があるんじゃないかと探し回るのは。

で、参考にしているのが、これまで紹介してきた以外では次のサイト。
Hotel Thailand
Thai Hotels
res24
Hotels2 Thailand
グリーンホリデータイランド

最初は、戦勝記念塔近くの
プルマンキングパワーホテルがいいかなと思ってましたが、中国人・韓国人のツアー客が無茶苦茶多いことを知り、ちょっと腰が引けてきました。あの立地は(私には)魅力的ですが、コストパフォーマンスを考えるとちょっとねー。

そろそろ結論を出さねば。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-05-03 00:30 | ホテル
バンコクで買ったミニチュアコレクション。最近買ったのが↓。

f0154706_22464437.jpg

ロティのようにも見えますが、私が知るロティの屋台には、ここまで多くの食材は置いてなかった記憶があります。
名著にして労作「タイの屋台図鑑」にも、この屋台は出ていなかったし。
まあ、いいんです。何にせよ、よく出来ているし、すごく可愛いから。

f0154706_22495883.jpg

ちょっとアップで撮ってみました。ひいた油がてかっているカンジや、丸めた生地のくたり具合、タマゴや容器に入った蜂蜜(多分)も精巧な仕上がりです。

f0154706_2252106.jpg

屋台の下部です。缶詰はおそらく練乳かな。いや、ココナツミルクのような気も。
大きなたらいには、下げた食器が水に浸かっています。これから洗うんでしょう。
下の棚の一番左には、商品を包む紙袋が。プロの技です。

ああ、また買いに行きたくなりました。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-11-10 22:57 | ミニチュアコレクション

旅のおさらい

記憶がだんだん曖昧になってきたので、ちょっとおさらいしてみました。

1995年以降、どこを旅行してきたのかを確認してみて自分でも唖然。バンコクの猥雑さとゆるさが心地よくて、通いも通ったり14回という結果が判明しました。

1995年12月  ベトナム(ホーチミン)
1996年6月  香港
1997年1月  タイ(バンコク)+ラオス(ビエンチャン)
1997年6月  台湾(台北)
1998年1月  タイ(バンコク)からマレー鉄道でシンガポールへ
        タイ:ハジャイ、ホアヒン
        マレーシア:イポー、バターワース、クアラルンプール
1999年1月  タイ(バンコク、アユタヤ、チェンライ、チェンマイ)
2000年1月  タイ(バンコク、ノーンカイ、ウドンタニ、チェンマイ)
2001年1月  タイ(バンコク)+中国(昆明)
2002年1月  タイ(バンコク)+ベトナム(ハノイ)+中国(昆明)
2002年9月  ハワイ(ホノルル)  *母親を連れて親孝行旅行
2003年1月  タイ(バンコク)+トルコ(イスタンブール)+UAE(ドバイ)
2003年9月  カナダ(バンクーバー)
2004年1月  タイ(バンコク)+ウズベキスタン(タシケント、サマルカンド、ブハラ、シャフリサーブス)
2004年9月  タイ(バンコク)
2005年1月  タイ(バンコク)+イラン(テヘラン、シラーズ、イスファハン、ヤズド)+バーレーン(マナーマ)
2005年6月  タイ(バンコク)
2006年1月  タイ(バンコク)+イエメン(サヌア)+オマーン(マスカット)+カタール(ドーハ)+UAE(ドバイ)
2006年6月  タイ(バンコク)
2007年1月  香港+タイ(バンコク、チェンマイ)
2007年6月  香港

トルコに行くときも、ウズベクやイラン、イエメンに行くときも、いちいちバンコク経由にしています。費用も余分にかかるし、日数的にもロスといえばロスなのに、どうして「まずバンコク立ち寄り」を定番にしているのかといえば、

1. すでにバンコクが見知った土地になっていて、安心してくつろげるから
2. ウズベクやイランのような未知の国に出掛けるとそれなりに緊張するはずなので、緊張をほぐせる場所に立ち寄ってから帰国したい

最近は次の理由も加わりました。

3. バンコクで安く薬を買ってきたい
4. 日本には就航していないエアラインに搭乗できる(バンコクはアジアの大ハブなので)

頭痛持ちの私には必需品のアスピリンがバンコクでは安く購入できる上に、ロキソニンのような日本では処方箋が必要な薬も簡単に手に入ります。

この旅の記録だけ見ると、ヨーロッパを避けているように見えますが、全然そんなことはなくて、単に2週間以上の長い休みを取りやすい1月はヨーロッパは寒すぎるから。それからフライト時間が長すぎるので、できればマイルをためてビジネスで行きたいと考えているためです。
行きたい場所はたくさんあるのよ。アイルランド、クロアチア、ハンガリー、ポルトガル、マルタ、シシリア、スペイン、リビア、モロッコ。あ、最後の方は北アフリカでした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-11-07 23:06 | その他
6. センターポイントペッブリー

・宿泊時期 2006年1月
・料金   スタジオ/1900Bぐらい
・予約方法 代理店(DreamComesTourのサイトから)
・立地   近くにBTSや地下鉄の駅はなく、バスかタクシーを使うしかありません。観光客好みではない立地だからでしょう、料金が安く押さえられています。プラトゥーナム市場まで歩いていこうとすると、徒歩15分強。 BTSのラチャテーヴィー駅までもほぼ同じ時間がかかったかな。
しかし、ホテルから徒歩1分ほどのバス停には、ほとんど待つことなくバスが次々にやって来るので、BTSのチットロム駅界隈に簡単に(安く)出られてとっても便利。
歩いていくのもまた楽し、でした。歩道に屋台や店がごちゃごちゃはみだしているので、決して歩きやすい道のりではありませんが、見方を変えれば、ぶらぶらとあっちをのぞき、こっちに顔を出して、と散策(?)できる楽しいエリアです。
・感想   スタジオルームで広さは47平方メートル。バンコク市内にいくつかのサービスアパートを展開しているセンターポイントの中でもっとも古いらしく、随所に古さを感じます。「ややくたびれたホテル」いう印象は否めませんが、広さ、設備、セキュリティ、環境とも私には◎。それなのにこの後泊まっていないのは、なんだか寝苦しくて、夫婦二人とも毎晩寝不足気味だったから。堅さもほどよく、好きなタイプのベッドでエアコンの調整も問題なかったのに、なぜだったのか。いまでも謎です。
・採点 ★★★☆

7. ル・ブア・アット・ステイトタワー

・宿泊時期 2006年6月
・料金   シンガポール航空往復とホテル代込み4泊5日のツアー利用(計78000円)
・予約方法 エスティーワールドへ申し込み
・立地   BTSサパーンタクシン駅から徒歩10分弱。車の通行量が非常に多い通り沿いにある、巨大で豪華なサービスアパート。3のエレガンスコートの箇所でも触れましたが、賑やかで飽きない一帯です。
・感想   泊まったのは、1ベット・ルーム・スイート・スーぺリアで広さ66平方メートル。普通に泊まると1泊4700Bはするようですね。ツアー料金は、ここに4泊して、シンガポール航空の往復チケット+送迎付きで78000円。ずいぶんと割安で泊まれたことになるのでしょうか?
生まれてはじめて、飛行機とホテルだけ付いたツアーを利用してみましたが、はっきりいって、今まで泊まった中でもっとも上等で、もっとも豪華で、もっともセンスが良かった(←コレ大事)。広さはもちろんのこと、内装がさえている。すごーくセンスが良くて、生きたお金の使い方を知っているお金持ちのお宅に泊めていただいた、そんな気分を味わえます。
朝食も豪華版でした。フルーツジュースだけでも7種類ぐらいあったような。
ちなみに、私がタイに通い始めた96年にはここはまだ工事中。というか、工事が中断されて、ほぼ野ざらし状態。アジア経済危機直後のバンコクには、造っているのか壊しているのかわからない建物があちこちに放置されていました。それがこんな立派なホテルになるとは。タイ経済復興の象徴のようで、感慨深いです。
・採点 ★★★★☆

こうやってまとめてみると、立地がいかに私のホテル選びにおいて重要なポジションを占めているかがよくわかりました。寝るだけだから、と割り切れないところがホテル選びの難しさであり、楽しさでもあります。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-11-01 18:10 | ホテル
4. シャトー・デ・バンコク

・宿泊時期 2004年9月
・料金   スタジオ/確か2500Bぐらい
・予約方法 代理店(accorhotelsのサイトから)
・立地   BTSのプルンチット駅から徒歩200m、という触れ込みでしたが、やたらと車の行き来が多い道で歩きづらく、おまけに大きなホテルやオフィスビルばかりが並ぶ道なので、つまらない! ひどく遠く感じました。私の頭の中では「徒歩10分」。
・感想  部屋は申し分ないです。広さはトータルで45平方メートルほど。ベッドルームも居間もバスルームも美しかった。accorhotelsのオペレーションだし、サービス面でも特にケチをつけようがないサービスアパートですが、今後泊まることはないでしょう。
それは一重にロケーションのせい。プルンチット界隈が好きではないから仕方がないんですねー。ほかの場所(シーロムとかサパーンタクシンとか)にあれば、また泊まるのに…。
ちなみに、いま調べてみると料金が高いのにびっくり。3700Bぐらいかかる模様。私が予約したときは、ネットで「accorのサイトから申し込むと安い!」と話題になっていた時期でした。キャンペーンか何かだったのでしょうか !?
・採点 ★★★

5. ザ・ビクトリー

・宿泊時期 2005年6月
・料金   ワンベッドルーム/確か1800Bぐらい
・予約方法 ホテルのサイトに直接申し込み
・立地   一度は戦勝記念塔近くに泊まってみたいと、あれこれ探して見つけたサービスアパート。BTSのビクトリーモニュメント駅までは徒歩5分ほど。タクシーの運転手が場所を知らず、到着するまでにひどく迷ったことを覚えています。戦勝記念塔界隈に行ったことがある方ならわかると思うのですが、多方面に行くバスステーションが集結していて、タイ人密度が濃い地帯です。人が集まれば、屋台も集まり、店もできる、というわけで、食事にもショッピングにも困りません。目移りするほど。アパート近くのランナム通りにはイサーン料理のレストランがたくさんあります。でも、ホテルは1本引っ込んだ道にあるので、とても静かでした。
・感想   ホテルのサイトに価格が出ていなかったので、メールを送って聞きました。返事はすぐ来ました。
部屋はなんということはないシンプルな造りですが、問題はありません。水回りもしっかりとしていたし、清潔です。全体にちょっと古くさくはなっていますが。日本人にあまり知られていないのか、宿泊者は白人が目立ったかな。現在は、近くにシネコンや大型免税店ができているので、価格が上がっているかもしれません。代理店での取り扱いも始まっているようです。また泊まりたいアパートの一つです。
・採点 ★★★★

その3へ続く
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-31 00:47 | ホテル