毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旅のおさらい

記憶がだんだん曖昧になってきたので、ちょっとおさらいしてみました。

1995年以降、どこを旅行してきたのかを確認してみて自分でも唖然。バンコクの猥雑さとゆるさが心地よくて、通いも通ったり14回という結果が判明しました。

1995年12月  ベトナム(ホーチミン)
1996年6月  香港
1997年1月  タイ(バンコク)+ラオス(ビエンチャン)
1997年6月  台湾(台北)
1998年1月  タイ(バンコク)からマレー鉄道でシンガポールへ
        タイ:ハジャイ、ホアヒン
        マレーシア:イポー、バターワース、クアラルンプール
1999年1月  タイ(バンコク、アユタヤ、チェンライ、チェンマイ)
2000年1月  タイ(バンコク、ノーンカイ、ウドンタニ、チェンマイ)
2001年1月  タイ(バンコク)+中国(昆明)
2002年1月  タイ(バンコク)+ベトナム(ハノイ)+中国(昆明)
2002年9月  ハワイ(ホノルル)  *母親を連れて親孝行旅行
2003年1月  タイ(バンコク)+トルコ(イスタンブール)+UAE(ドバイ)
2003年9月  カナダ(バンクーバー)
2004年1月  タイ(バンコク)+ウズベキスタン(タシケント、サマルカンド、ブハラ、シャフリサーブス)
2004年9月  タイ(バンコク)
2005年1月  タイ(バンコク)+イラン(テヘラン、シラーズ、イスファハン、ヤズド)+バーレーン(マナーマ)
2005年6月  タイ(バンコク)
2006年1月  タイ(バンコク)+イエメン(サヌア)+オマーン(マスカット)+カタール(ドーハ)+UAE(ドバイ)
2006年6月  タイ(バンコク)
2007年1月  香港+タイ(バンコク、チェンマイ)
2007年6月  香港

トルコに行くときも、ウズベクやイラン、イエメンに行くときも、いちいちバンコク経由にしています。費用も余分にかかるし、日数的にもロスといえばロスなのに、どうして「まずバンコク立ち寄り」を定番にしているのかといえば、

1. すでにバンコクが見知った土地になっていて、安心してくつろげるから
2. ウズベクやイランのような未知の国に出掛けるとそれなりに緊張するはずなので、緊張をほぐせる場所に立ち寄ってから帰国したい

最近は次の理由も加わりました。

3. バンコクで安く薬を買ってきたい
4. 日本には就航していないエアラインに搭乗できる(バンコクはアジアの大ハブなので)

頭痛持ちの私には必需品のアスピリンがバンコクでは安く購入できる上に、ロキソニンのような日本では処方箋が必要な薬も簡単に手に入ります。

この旅の記録だけ見ると、ヨーロッパを避けているように見えますが、全然そんなことはなくて、単に2週間以上の長い休みを取りやすい1月はヨーロッパは寒すぎるから。それからフライト時間が長すぎるので、できればマイルをためてビジネスで行きたいと考えているためです。
行きたい場所はたくさんあるのよ。アイルランド、クロアチア、ハンガリー、ポルトガル、マルタ、シシリア、スペイン、リビア、モロッコ。あ、最後の方は北アフリカでした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-11-07 23:06 | その他
バンコクで見つけたお気に入りの店、ミニチュアショップ。
中華街のグランドチャイナプリンセスホテルの2階にあります。

店の名前は「そのまーんま」でまったく芸がありませんが、売っている品々はそれはもう精巧でため息がでるばかり。驚くほど手が込んでいます。
それなりのお値段なので(日本で買えば数倍するんでしょうが)、さんざん迷って、結局買ってしまい、それ以来、一つ、二つと買い足してきました。

最初に買ったのが、クイッティオ(麺)屋台のミニチュア。
f0154706_222148.jpg

本当は、てんびんで2つの屋台がつながるようになっています。一つの屋台の大きさは、幅80mm、奥行き80mm、高さ150mm。食材から調味料、食器まで実にリアル。

f0154706_253397.jpg

これは、つみれをゆでている方の屋台。中華包丁が光ってますねー。しかし、この屋台、ピカピカでキレイ。実際の屋台はもちょっと××。

f0154706_271538.jpg

食材を並べている方の屋台。手前右にあるのが、出来上がったばかりの品。ちゃんとレンゲが添えられています、

f0154706_291173.jpg

屋台の下部をクローズアップしてみました。七輪と鍋が入ってます。屋台に接着剤でひっついているので、取り出すことはできませんが、炭や銅鍋も手抜き度ゼロ、しっかりと作り込まれています。

ウイークエンドマーケットにもミニチュアはたくさん売られてますが、完成度の高さではこの店にかないません。こうした小さな緻密なものを時間をかけて、手を抜かず作り続けられるなんて本当にすごい。大ざっぱな私はただただ尊敬するだけです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-11-06 23:55 | ミニチュアコレクション
お気に入りホテルの一つ、タイ・チェンマイの
ラミンロッジ

f0154706_2016495.jpg
ナイトバザールと旧市街の中間地帯、ロイクロ通りに面している部屋数72の小さなホテル。便利な場所なのにとても静かで、お部屋は広く、インテリアもなかなか。

チェンマイのホテルは割安なので、上から2つめのスイートルームでも値段は確か8000円ほど(2007年1月時点)。

f0154706_20184458.jpg















問題はコレ→

巨大なお風呂です。あまりにもバスタブが大きいので、お湯が全然たまらない!
写真じゃちょっとわかりづらいけど、半端じゃなくデカイ。おまけに水圧が低いので、たまるまでにえらい時間がかかる。あきれるというか、あまりにおバカな造りなので、笑ってしまいました。

結局、あきらめて滞在中はシャワーだけにー。

ちなみに、バスタブ奥の窓は寝室とつながっています。お湯に浸かって、窓を開けて、優雅に寝室のテレビでも見て、という趣向なのか。ま、一度も使っていないので、わかりませんが。ある意味、実にタイらしいホテルではあります。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-23 20:29 | ホテル