毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2011年1月2日、台鉄・沙崙線(さろんせん)が開通しました。台鉄の台南駅と、高鉄(新幹線ね)の台南駅の乗換駅である沙崙駅を結ぶ新路線です。それまではバスで1時間かかっていた区間が、新路線開通により20分で行けるようになったわけです。
f0154706_1444171.jpg

1月2日〜9日までの1週間は、高鉄のチケットを見せれば無料試乗できると、ホテルの従業員から教えてもらい、意気揚々と試乗してきました。
f0154706_14463449.jpg

f0154706_14444382.jpg
f0154706_14443143.jpg
電車自体はなんてことありませんが、お初でしかもタダなんて最高♪
f0154706_14452058.jpg
これが沙崙駅。
f0154706_14465314.jpg
高鉄の台南駅と接続しているので、表示に従って歩くこと1、2分。ホント、すぐでした。
f0154706_14471749.jpg
はい、高鉄の台南駅に到着。ぴかぴかだよ。いやあ、便利です。
f0154706_14492869.jpg
台湾の鉄ちゃん、発見。この人、沙崙駅で記念にスタンプを押してました。鉄ちゃんの格好や醸し出す空気は世界共通かな。
[PR]
# by butterbur-sprout | 2011-07-03 14:47 | 10年年末台湾旅行

2012年GW旅行計画

UAでこつこつ貯めてきたマイル。そろそろ大放出しようかと、スターアライアンス特典航空券の目的地別必要マイル数をチェックしてみました。

せっかくマイルを使うんだったら遠くに行きたい。できればビジネスで。
調べてみると、ヨーロッパは往復12万マイル。メキシコも往復12万マイル。中東は13万マイル。

うーん、どれもかなりマイルが必要だなあ。これじゃ少し足りません。
ふと、アフリカ北部とアフリカ中央・南部の欄を見ると、あれ、10万マイル。距離のわりにはマイル数がずいぶん少なくありませんか。

よし、だったら日本からは1日かかるアフリカ南部に行っちゃえと、旅行先は南アフリカに決定。GWに狙いを定めて(出発はGWの数日前、帰りはGWの期間)、予約を入れました。無事取れるかどうか不安でしたが難なくクリア。やった。

UAのマイレージ予約センターに電話をしてわかったのが、アフリカ中央・南部10万マイルは6/15発券分からということ。それまでは11万マイル。予定より1万マイル多くかかるけどまあいいやと、予約を入れ、発券もしてしまいました。

どうせだったら行きと帰りでは違う航空会社を使いたいし、南アフリカ以外にも足を伸ばしたいしと思案したあげく、できあがったのは次のようなルートです。

■往路
成田ーイスタンブールーケープタウン トルコ航空
■復路
ウインドフック(ナミビア)ーヨハネスブルグー香港 南アフリカ航空
香港ー成田 全日空

ケープタウンからナミビアへは、自腹で飛びます。エアナミビアか南アフリカ航空で。

初のアフリカ大陸です。といっても、ケープタウンはヨーロッパの町並みだというし、ドイツの統治下にあったナミビアも、アフリカの国とは思えないほど時間にきっちり正確で清潔な国らしい。

まあ、行ってみなければわかりませんね。GWが楽しみだ。
[PR]
# by butterbur-sprout | 2011-06-29 20:16 | 12年GW旅行

居心地の良いホテル

台南で利用したのは、首相大飯店。ホームページの素朴さに惹かれて予約。台南はホテル代が安いので、ビジネスエグゼクティブスイーツ を取りました。それでも2100TD。リーズナブルです。

外観を撮り忘れましたが、ロビーはこんな感じ。
f0154706_759138.jpg
うすら暗い。古い。少しかび臭い。廊下には赤い絨毯が敷いてあって、一昔前のお宿みたい。
f0154706_803937.jpg
大丈夫か!?と少し不安になったところで部屋に到着。
f0154706_81958.jpg
ムダに広い…。スイーツなので寝室とリビングに分けてあるけど、妙なレイアウトです。
これが寝室。
f0154706_822476.jpg
シモンズのベッドで寝心地は良かった。書斎スペースもあります。
f0154706_831091.jpg

これはお風呂。ま、ピカピカじゃない。
f0154706_843575.jpg
f0154706_842691.jpg
f0154706_852421.jpg


写真からもわかるように決して高級なホテルではありません。
でもね、このホテルの何がいいって従業員です。サービスがいい、笑顔がいい、接客がいい。質問には親切に知恵を総動員して答えてくれるし、古いけどメンテナンスはしっかりされているので、使い勝手はいい。廊下は多少カビ臭いけど部屋には臭いはありません。
垢抜けないホテルだけどなんというかものすごーく居心地がいい。だから、古くても全然気にならなかった。記憶に残るホテルになったと思います。

自転車もレンタルできましたよ。もちろん無料。
f0154706_871376.jpg
これ、すごく便利。チャリを漕いで台南市内を散策したのでした。
[PR]
# by butterbur-sprout | 2011-06-29 08:08 | 10年年末台湾旅行

台南小吃 を満喫

台南の美味、といえば、小吃です。

まず福記肉圓。
すごく有名なお店らしいのですが、狭くてあまりキレイとも言えません。
f0154706_14575289.jpg
頼んだのは、看板料理の肉圓。油で揚げるのではなく、蒸してある肉圓です。
f0154706_145881.jpg
一言で言うと「変わってる」。食べた瞬間、「美味い」という類の味じゃない。でも、なんとなくやみつきになりそうなもちもち感。常連客が多いのもわかるような気がしました。

次いで、度小月。擔仔麵の超有名店ですね。ここは風情のある店構え。
f0154706_1515433.jpg
注文したのは、もちろん擔仔麵。
f0154706_1532327.jpg
こっちは、米粉(ビーフン)版の擔仔麵。擔仔麵の麺は少し柔らかめなので、個人的には米粉好み。バリカタ好きの博多っ子だしね。
f0154706_1534938.jpg
さらに、香腸(ソーセージ)もいただきました。
f0154706_155332.jpg
白っぽいのはニンニク。これが効いてます。でもその後は大変。甘い香腸にぴりっと苦めのニンニクの組み合わせ。香腸、おススメです。

上海料理の店にも行きました。新光三越の中にある上海湯包館です。
f0154706_1574935.jpg

これはお通し。
f0154706_1585643.jpg
エビのレタス包み。
f0154706_1592350.jpg
上海青梗菜炒飯
f0154706_15102813.jpg
蛤のスープ。
f0154706_15221866.jpg
蟹みそ小籠包です。
f0154706_1512760.jpg
これは豚の角煮。
f0154706_1522464.jpg
このパンに角煮を包んで食べるんですが、ボリュームがすごい。
f0154706_15134637.jpg
やったぞ、完食! と思ったら
f0154706_1514042.jpg
下にもう一段、ありましたヽ('ー`)ノ中華料理はやはり大人数で食べたい。

どれも、すごーく上品な味でした。豚の角煮と蛤のスープが美味しかったな。
[PR]
# by butterbur-sprout | 2011-06-28 15:10 | 10年年末台湾旅行

思わぬトラブルに遭遇

それは、高雄から台南に移動しようとローカル線に乗ったときに起こった!
突然、列車が停止。理由不明、アナウンスはあったけど、中国語なのでわかりません。
周りには英語のできる人がいない。異国の地でこんなトラブルに遭遇するとは。
やっぱり旅行って面白い(〃∀〃;)

まあ、そのうち動くかなーと思って待つこと約30分。
乗客が席を立ち、一斉に一番前の車両へと動き出しました。
f0154706_13591524.jpg

あり? 
どうやら、この列車の乗客を、後続の列車に移すようです。

隣の線路にやってきた列車のドアを開け、こっちの列車のドアを開けて、はしごを渡し、これで乗り移れ!という指示らしい。
f0154706_13593517.jpg


こんなシーン、どっかで見たな。そう、映画「スピード」だ! ま、あっちは動きながらの移動だったけどね。でも、ちょっとどきどきしましたよ。スリリングで貴重な体験です。
f0154706_140837.jpg
そのときの写真。緊張のため、ぶれぶれなのが悔しい。

にしても、台湾国鉄の機敏で柔軟な措置には感心しました。JRだったらもっと放置されていたのでは
(実際、その体験あります)。
[PR]
# by butterbur-sprout | 2011-06-28 14:00 | 10年年末台湾旅行