毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ぴかぴかMRT

高雄にはMRT(地下鉄)が走っています。開通は2008年。現在、紅線と橘線の2線あります。
ホテル近くの中央公園駅から左営駅まで利用してみました(紅線)。
f0154706_23392530.jpg
これが中央公園駅。ありゃ、人が少ないな。利用者いないのかね。
f0154706_23395718.jpg
エスカレーターにもほとんど人がいない。大丈夫かな、採算取れてる? 

びっくりしたのがココ。トイレです。
f0154706_23404284.jpg
広い、キレイ、派手! オレンジっぽく写っていますが、本当はもっと赤っぽい。掃除が行き届いていてぴかぴかです。利用者がいないから汚れないのか、汚す人がそもそもいないのか。
f0154706_23421237.jpg
MRTはトークンを買って乗ります。左営駅まで30TD。トークンはリサイクルできるからいいよね。
f0154706_23425497.jpg
これがMRTの車両。これもぴかぴか。車両はシーメンス製でした。タイのスカイトレインと同じ。座席がシンプルですね。日本の地下鉄もこれぐらいそっけなくてもいいと思う。
f0154706_23441180.jpg
はい、着きました。左営駅。やはりガラガラ。ぴかぴかなのも一緒。
ゴミをむやみに捨てたりしない高雄市民。みんな行列も守るし、割り込んだりもしない。日本人にとって台湾が心地よいのはこういうところも大きいのでしょう。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-19 23:50 | 10年年末台湾旅行

街のランドマークホテル

高雄で3泊したのは、漢来大飯店ーグランドハイライホテルーです。
高雄一の高級ホテル(5つ星)なんですが、部屋代は1泊1万1000円。
高くてでかいので、高雄のどこにいてもすぐわかる。
f0154706_1395011.jpg
この大きいのが漢来大飯店。道に迷うこと絶対ナシのホテルです。

さて、内部はーー。

続きを読む
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-16 00:00 | 10年年末台湾旅行

新幹線に乗りました

台中ー左営(高雄)で、はじめて台湾新幹線こと、台湾高速鉄路に乗りました。
台湾新幹線は、台北と左営間の345kmを最高時速300km/hで結んでいます。車両は、東海道・山陽新幹線の700系車両をベースに改良された新型車両。12両固定編成で、定員は989名。
f0154706_23511040.jpg
オレンジのラインが印象的です。先頭車両は、700系より35cm短いそうです。700系よりシャープな印象なのは、前面下部の膨らみが少ないため。

チケットは自販機で簡単に購入できます。これがチケット。
f0154706_23541782.jpg
うれしいことに、使った後も手元に残るんですよ。回収されないの。得した気分。

さあ、いよいよ乗車です。あいにく夜も7時を過ぎていたので、こんな写真しかありませんが。
f0154706_23545828.jpg
標準車両は、3-2の配列。そう日本の新幹線と同じなので、乗り込むと既視感、あります。
f0154706_23574397.jpg
座席はこんなカンジ。ぱっと見はキレイだけど、よく見ると生地がちょっとすれている。ここらへん、やはり台湾かな。
f0154706_2358050.jpg
滑るように発車して、乗り心地は快適で大満足。
目指すは高雄。さて、どんな街なんでしょう。期待が膨らみます。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-15 00:03 | 10年年末台湾旅行

自強号に乗りました

今日は、台北から台中経由で高雄へ。
台北ー台中は台湾鉄道の特急・自強号を利用します。

まずは台北駅へ。
f0154706_0425226.jpg
f0154706_0431899.jpg
広い、でかい、天井が高い。
f0154706_0434289.jpg
ここはどこでしょう? 駅の2階のレストランフロアです。大戸屋はじめ、モスバーガーだのビアードパパだのミスタードーナツだの、日本の飲食店がたくさん。もちろん台湾料理の店もありますが、日本と台湾、どっちがメインだかわかりませんぜ。

続きを読む
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-10 01:03 | 10年年末台湾旅行

台湾の百貨店

仕事柄か、海外に行ってもついつい百貨店やショッピングセンターには足を運んでしまいます。

今回も、台北、高雄、台南の街で百貨店をざざっと視察。痛感したのが、台湾では百貨店がじゅうぶんに機能しているということでした。家電品もスポーツ用品も携帯電話も百貨店で売っていて、しかもちゃんと客がついている。日本の百貨店からはとうの昔に失われた売り場がちゃんと生きているわけです。日本でいえばビッグカメラとかヤマダ電機のような家電量販店や、ゼビオやムラサキスポーツのようなスポーツ用品の専門チェーンが登場していない(か、まだそんなに成熟していない)のでしょう。
f0154706_2343086.jpg

写真は、高雄の漢来百貨店から出てくる客を撮ったもの。両手に傘を提げているのがわかるでしょうか。これ、一定金額以上買い物をするともらえる景品の傘。日本のアパレルブランド・INDIVIが提供しています。

高雄市民のこの「もらいっぷり」がすごかった。1人で2,3本は当たり前。中には5本近くもらっていく人も。一定金額以上といっても、確か100TD(300円弱)なのでハードルがそう高くない。だから、みんな傘をもらおうと必死です。あまりの客の多さに何事か!と思いました。そんなにもらってどうするよ、という話は置いておいて、百貨店でお買い物をして傘をもらえることを高雄市民はこんなに楽しみにしているんですね。娯楽の殿堂、ショッピングの聖地として百貨店が愛されていることがよくわかりました。

でも5年後、10年後は? 
また台湾に来る機会があったら、それを自分の目で確認しようと思います。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-08 23:06 | 10年年末台湾旅行
台北の定宿・東呉大飯店の唯一の難点は、交通手段がバスかタクシーしかないこと…だったのですが、2010年11月、徒歩5分強のところにMRT蘆州線の新駅・新大橋頭站が誕生しました。
f0154706_17345552.jpg
やったあ(利便性が上がったからと、料金が値上がりしないことを祈る)。

この駅、出来たてなのでキレイなんです。ほらね。
f0154706_17351783.jpg
しかし、知られてないの? 人気がないの? 需要がないの? 
f0154706_17353561.jpg
とにかくガラガラで利用者が少ない。
f0154706_17354719.jpg


この駅から民権西路駅で淡水線に乗り換えて、台大医院前駅で下車。目指すは国立台湾博物館
二二八和平公園内にあります。博物館はルネサンス様式で美しい。
f0154706_17414220.jpg
建築好きなら、建物だけ見ても楽しいのでは? 
f0154706_173657100.jpg


ここは、日本統治時代の1913年に建設された「兒玉総督及後藤長官記録館」が前身ですと。兒玉総督とは児玉源太郎。日露戦争を勝利に導いたとされる満州軍総参謀長ね。後藤長官とは後藤新平。二人の銅像もありましたよ。非常に大事にされている様子で日本人としてはいささか複雑。

見学した感想。意外なほど楽しめました。常設で、台湾少数民族の風俗や台湾固有の生物を展示しているほか、この日は特別展として「剣舞楚天―越王勾践剣と楚の出土文化財展 」を開催中。戦国時代の楚の文化を代表する出土品がずらり。洗練された展示に「台湾は先進国だな」と実感しました。

こう思うのは、以前、シリアのアレッポの博物館で残念な気持ちにおそわれたのを思い出したから。世界的価値のある展示品ばかりなのに、ずさんに並べられ、ろくすっぽ説明もない。ケースが壊れたり、埃がたまっていたりと、メンテナンスもされていない。もったいない限り。それに比べて台湾は…と感じずにはいられませんでした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-07 17:42 | 10年年末台湾旅行

小さな夜市

台北の宿泊先・東呉大飯店界隈(徒歩で5分ちょっと)では小さな夜市が開かれていました。
その名も「延三観光夜市」。
f0154706_16525431.jpg
規模は小さいですが、やっぱり夜市は楽しい。
結局、台北での2回の夕食はすべてこの夜市でとった私たち。

初日の夜入ったのは、「炒麺専家」というお店。看板商品は炒麺なんですわ。
f0154706_16535117.jpg
でも、炒麺といっても、日本でいう焼きそばとは全然違う。九州出身の私にとっては、この麺はちゃんぽんだー!  伸びているかと思いきや、そうではなく柔らかくて、それなりにコシもある麺。
f0154706_16541077.jpg
これは蝦仁炒麺(65TD)。
f0154706_16542682.jpg
こっちは牛肉炒麺(65TD)。
f0154706_16544175.jpg
これは蛤仔湯(40TD)。味はまあ悪くないよね、程度かなあ。
それよりも、夕食の後で食べたこっちのきなこ餅が美味しかった。
f0154706_16551040.jpg
純糖麻糬です。ここは大繁盛店でした。
f0154706_16552589.jpg
2粒で40TD。お餅のおいしいこと、きなこの甘さ加減の良さときたら、たまりません。

続きを読む
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-07 16:57 | 10年年末台湾旅行

迪化街散策は楽し

CX451(A330)で桃園国際空港に到着したのが午後3時半。いつものようにバスで台北駅に出て、そこからタクシーで東呉大飯店に到着。
f0154706_1453740.jpg

いまや台北の定宿となった東呉大飯店についてはこのページを参照のこと。いつも清潔できちんとしていてフレンドリーなホテルです。今回はこのホテルで2泊。朝食について触れておくと、場所は地下1階のレストラン。
f0154706_14551710.jpg
決して豪華ではないけれど、おかゆ、日本のご飯、お味噌汁、トーストなど一通り揃っています。
f0154706_14545338.jpg

楽しいのがこの雑誌コーナー。
f0154706_14561275.jpg
ほらね。外国の雑誌がいっぱい。
f0154706_14562554.jpg
旅行関係の雑誌もあるある。
お茶しながら読書するのもいいかも(今回はしなかったけど)。

朝食を食べたら、近くの迪化街の散策に。
f0154706_14572544.jpg
f0154706_14573562.jpg
こんな風に趣のある建物が少なからず残っているので、見上げて歩くと楽しい。
f0154706_1458148.jpg
ホテルには、迪化街散策マップが用意されていました。
f0154706_14583475.jpg
f0154706_1544384.jpg


途中で見つけたのが、「順天堂」という名前の薬局。
f0154706_14593011.jpg
日本の順天堂大学と同じ名前だ。医学的な意味があるのかと調べてみたら、「順天」とは、この宇宙を創造した天に順(したが)い、人々に奉仕することを意味するそうです。

お腹が空いたので、永樂鶏捲大王で蝦捲(エビの揚げ物)と鶏巻を食べてみることに。
f0154706_14595857.jpg
これが蝦捲。外はからっと揚がり、中はしっとりと柔らかくて…のはずが、あれ??? からっと感ゼロ。
f0154706_1502640.jpg
こっちが鶏捲。鶏捲といっても中身は鶏じゃなくて豚肉と野菜。調味料、魚漿などと合わせて湯葉で包み、油で揚げた一品です。
f0154706_1514486.jpg
これは魯肉飯ね。しかし、どれもいま一つ…のような。台灣小吃の定番らしいので、台灣小吃の本場・台南での味を期待しよう。
ちなみにお代は蝦捲40TD、鶏捲60TD、魯肉飯20TD。計120TD(約341円)でした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-06 15:07 | 10年年末台湾旅行
本日、台湾旅行から無事戻りました。

鉄道で台中、高雄、台南をめぐる旅。
ゆるくてのんびり、美味しい道中でありました。

特に!!
1月2日に開通したばかりの沙崙線(台鉄の台南駅から沙崙駅=高鉄の台南駅と接続)に乗れたのは大感激。
台湾鉄ちゃん(多分)率の高い列車でした。
高雄から台南に向かう途中で列車が突然止まってしまい、さあ大変!どうなるよ? というトラブルにも遭遇しましたが、それも貴重な体験。ぼちぼち(でも忘れないうちに)更新していくつもりです。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-01-04 23:56 | その他