毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フィンエアーから

今年の旅行博でアンケートに答えたフィンエアーから、今日、こんな封筒が届きました。
f0154706_113328.jpg
やった! 航空券が当たったか?
f0154706_1205833.jpg
…なわけがなく、ただのお知らせ。お手紙と、冬期運賃「ムーミンセーバー」と冬期スケジュールのパンフが入っているだけでした。
f0154706_1212574.jpg
でもまあ、せっかくだからと読んでみると、フィンエアーってやっぱりいいなあ。
f0154706_1214013.jpg
ほら。日本から一番近いヨーロッパ、はウソじゃない。成田からヘルシンキまでのフライトは9時間半。おまけに、ヘルシンキのヴァンター空港のMCT(Minimum Connecting Time=乗り継ぎの必要最低時間)は40分。これはすごい。地図を見ると納得。
f0154706_1215837.jpg
なんとコンパクトな可愛い空港なんでしょ。
あああ、飛行機乗りたい。空港行きたい。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-28 01:22 | 飛行機

大地中海旅行

地中海沿岸の国を回りたいーこれが私の当面の目標。
ま、当面といっても、回りきるまでには何年かかるかわかりませんが、目標は壮大ぐらいでちょうどいいっと。
で、地中海旅行というタイトルの本を見るとつい買ってしまいます。今回、買ったのはこれ。
ポール・セローの「大地中海旅行」
f0154706_2243217.jpg
いいねえ、大げさなタイトルが。
でもって、目次は↓ですよ。

1章 ケーブルカーでジブラルタルの岩へ
2章 急行「マーレ・ノストルム」号でアリカンテへ
3章 フェリー「エウロパ岬」号でマジョルカへ
4章 急行「グアダルーペの聖母マリア」号でバルセロナとその先へ
5章 「ル・グラン・シュッド」号でニースへ
6章 フェリー「麗しの島」号でコルシカへ
7章 フェリー「イクヌーサ」号でサルデーニャへ
8章 フェリー「トーレス」号でシチリアへ
9章 フェリー「ヴィッラ」号でカラーブリアへ
10章 キオッジャからフェリー「クローディア」号に乗る
11章 フェリー「リブルニヤ」号でザダールへ
12章 フェリー「ヴェネツィア」号でアルバニアへ
13章 客船「海の精霊」号でイスタンブールへ
14章 客船「アクデニズ」号でレヴァント地方へ
15章 七時二十分発の急行で、ラタキアへ
16章 フェリー「海のハーモニー」号でギリシャへ
17章 「エル・ルード三世」号でカルカナ諸島へ
18章 「海峡」号でモロッコへ

どうですか。楽しそうではないですか。けっこうな大作なので(2段組で700頁!)、気合いを入れて読むつもり。

にしても、ポール・セローのセローってTherouxだったのね。モスキート・コースト読んだ時には気づかなかった。マーガレット・サッチャーのサッチャーもThatcherだし…。英語って難しい。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-26 22:48 | その他
プライオリティパスの会員1万4500人を対象とした調査によれば、最悪の空港1位は、ロンドンのヒースロー空港なのだそうです。
2位はパリのシャルルドゴール空港。これは、前に紹介した「The guide to sleeping in airports」の結果と同じですね。3位はロサンジェルス空港でした。

にしても、そんなにひどいのか、ヒースロー? 行ったのはずいぶんと昔なのでろくに記憶がありませんが、なんとなく納得できる気がしないでもない。いまターミナルが5つに増えているし、使い勝手が悪いんだろうなあ。

一方、良い評価を獲得したのは、大方の予想通りシンガポールのチャンギ空港。2位は、香港のチェプラップコック空港。3位がアムステルダムのスキポール空港。いたって妥当な顔ぶれだよね。

f0154706_19562548.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-23 19:56 | 空港

谷川岳

今年から登山を始めました。女子登山ってやつですね。
最初に登ったのは群馬県にある小野子山。標高1208mのお手軽コースと聞いていたら、高さは確かにたいしたことないけれど、急勾配には参った…。

ただ登山の楽しさは満喫しました。頂上に着いた時の達成感、爽快感はサイコー。
ということで、先週は谷川岳にチャレンジ。谷川岳土合口から天神平までロープウェイ(約10分)に乗って、登り始めて約2時間。トマの耳、オキの耳の2つの頂上に到達しました。
f0154706_17134678.jpg
トマの耳に行った証拠写真だ! 登山客が多いのにはびっくり。日本の高齢者は元気だねえ。

ガスっていて、見晴らしが良くなかったのは残念だったけれど、すごーく面白い行程でした。
f0154706_18205264.jpg
ね。ガスがひどくて前がろくに見えなくなったことも。頂上に近づくにつれ、本当に寒かったし、翌日は筋肉痛でイタタ…でしたが、やみつきになりそうです。私たちはほとんど国内旅行ってしないのですが、登山であちこちに出かけることになりそうな予感アリ。

帰りは、前々から一度食べてみたかったホワイト餃子を食べに、前橋店へ。皮がなんだかパンみたい。フランスパン用の小麦粉を使っているとか!? 大量の油を使っているのにぺろっと入っちゃうのはなぜなんだろう。ともかく期待以上の味でした。気に入ったぞ、ホワイト餃子。東京だと巣鴨の方にあるようなので、今度行ってみよう。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-21 18:26 | 登山

エジプト国鉄

年末の旅行までまだ3ヶ月近くあるのに、もう来年の年末旅行の計画をちらほら立て始めているワタシ。鬼が笑ってるな、きっと。
エジプトのアレキサンドリアーカイロを回る予定なので、では列車で移動しようかなと調べてみたら、エジプト国鉄って、2週間前からネットで予約できるではありませんか!
f0154706_21431018.jpg
アレキサンドリアーカイロ(片道)の一等車で680円でした。安いなあ。
ドイツもネット予約可能のようだし、もしかしたら他の国もそうなのか? 日本も?

と思って、JRについて調べてみたら、外国人向けにやってましたよ。JR-EAST Shinkansen Reservationで。
f0154706_21511447.jpg
なんだか新幹線が格好良いぞ、と。新幹線と成田エクスプレス、主要在来線特急指定席を予約できるんだって。外国人向けのチケット、 JR EAST PASSやJapan Rail Passもね。個人旅行者にはインターネットは欠かせませんな。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-18 21:56 | 計画

持ってきて良かった

旅行に持ってきて良かったーと思える道具。
こういう記事があると思わず読んでしまいます。
で、私も考えてみました。

1. ボディタオル
2. お茶パック
3. スリッパ
4. 爪切り・毛抜き・耳かき
5. ウエットティッシュ
もっといっぱいあった気もしますが、とりあえずこんなところ。

1のボディタオルというのは↓
f0154706_1271268.jpg
こんなヤツ。ホテルについている柔らかなタオルだけだといまいち体を洗った気がしないので、ボディタオルを持参してます。速乾性が高いものを選びましょう。

2のお茶パック。
f0154706_1285527.jpg
100円ショップでも売ってますね。我々は、持参した、もしくは現地で買った紅茶やコーヒー、中国茶などはこれを使ってホテルでいれております。くつろぎの一時…。捨てるときも簡単でオススメ。

3のスリッパ。
f0154706_1217489.jpg
コンパクトに折りたためるタイプです。我が家では、旅行で高級ホテルに泊まることもたまにはあるけど、基本的にはリーズナブル路線で臨んでいるため(1泊6000円〜1万円)、スリッパなしのところが多いんですよ。なのでスリッパは必需品です。

4もあると便利ですね。特に長旅ではなくても、爪を切りたくなった時、耳掃除をしたくなった時にすぐにできちゃう。私たちの旅行には欠かせません。

応用範囲が広い5も必須でしょう。お手ふき、お掃除、いろいろ使えますね。

「あ、アレを持ってくれば良かった」と思ったら書き留めるようにしているのですが、ついつい忘れがち。ほかにも「これがあると便利」というモノ。情報求む。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-16 12:21 | 旅道具
映画に、自分が行ったことのある店が登場すると妙にうれしくなりませんか。好きな店ならなおさらのこと。数年前、香港映画「傷だらけの男たち」を見たとき、そんな気持ちになりました。
f0154706_22362249.jpg
発見したのは、香港・中環にある「蘭芳園」(ランフォンユン)。老舗の茶餐廳で、奶茶(ミルクティー)や出前一丁(もちろん、あのインスント麺)を使った「扒撈一丁」(鶏肉フライと出前一丁のつけ麺)で有名な店。詳しくはココ参照ね。

確か刑事が不審人物を追いかけるシーンで登場。「あっ!蘭芳園だ」と思わず心の中で叫んだ私。エンドロールをじっくり見たら、確かに名前が出ておりました。「やった!」(何が?)。同じリアクションだった香港好きはたくさんいたことでしょう。

出前一丁を使った料理なんて…とバカにしてはいけません。上品な料理ではないけれど、いけるんだな、これが。その「蘭芳園」が尖沙咀に支店を出したそうです。場所はなんと重慶大厦(チョンキンマンション)。新しく地下にショッピングセンターを作っていたらしく、オープニングを飾った店の一つが「蘭芳園」なんだって。九龍側に泊まっている時は便利ですわ。

あ、今年の年末の旅行では、香港島に泊まるんだった。でも重慶大厦には必ず両替に行くので(レートの良い店がある。悪い店もあるので要注意)、その際利用してみよう。味は一緒なのかな。楽しみです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-12 22:43 | その他

機内が舞台の映画なら

飛行機が舞台の映画には、パニックもの、アクションものがやたらと目立ちます。
古いところではコレね。「エアポート75」。
f0154706_2042411.jpg
「エアポート」とついているけど、舞台はほとんど飛行機。素人のスッチーが飛行機を操縦するというあり得ない設定はこれが本邦初、かな。続編にエアポート77というのもありましたね。

これも機内パニックもの。「乱気流/タービュランス」です。
f0154706_20431077.jpg
伊良部によく似たレイ・リオッタがはまり役のB級作品。スッチーが操縦してました。でもすごく馬鹿なオンナなの。見てるとちょっとイライラ。

ジョディ・フォスター主演作ということで話題を集めたのが、「フライトプラン」。
f0154706_20433498.jpg
しかし、これは駄作だと思うな。脚本が薄っぺら。アラブ人の扱いときたら、いくらアメリカ映画でもひどい。後味が悪いです。ジョディ・フォスターはもっと出演作を選ぶべきでは。

タイトルは似ているけれど、こっちの方がずっと面白いです。「パニックフライト」(原題はRED EYE)。
f0154706_20445655.jpg
期待しないで見たら良く出来ていた。機内サスペンスものとして上出来の部類。監督は「スクリーム」シリーズのウェス・クレイヴンです。

ものすごーくおバカな映画「スネークフライト」も機内サスペンスもの。
f0154706_2045975.jpg
数千匹ものラリった大蛇が機内に侵入!というトンデモな設定。サミュエル・L・ジャクソンが大活躍ー!!突っ込みどころ満載ですが、こういう映画は嫌いじゃない。楽しく鑑賞いたしました♪

あとは何でしょうか。戦闘機だったら「エグゼクティブディシジョン」、アメリカ合衆国大統領専用機だったら「エアフォースワン」、囚人護送機だったら「コンエアー」がありますが、旅客機限定となると、これぐらい? 面白い旅客機映画があったら教えてくださいー。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-11 20:46 | 飛行機
プライオリティパスが我が家にやってきました。
f0154706_21444942.gif

プライオリティパスというのは、全世界300都市以上にある 600ヵ所以上の空港でVIPラウンジを無料で使えるラウンジプログラムのことで、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米と、主要都市の国際空港のラウンジだったらほぼ使える! 空港を歩き回るのは大好きですが、やっぱりゆっくり休める場所があるとないのとでは大違い。ディレイの時にも大助かりです。

しかし、プライオリティパスって会費がめっぽう高いのです。単独で取得しようとすると、ラウンジを無料で使えるプレステージ会員の場合、年会費年会費: 399ドル。いくら空港好きでもこれはちょっと手が出ない。スターアライアンスのゴールドカードや特定のエアラインの上級会員ならラウンジが使えるけれど、私はどっちも持ってない。

あきらめかけていた時に、プライオリティパスと提携しているクレジットカードを取得すればいいことを知りました。で、取得したのは、提携カードの中では会費が一番安い楽天プレミアムカードです。
f0154706_21563263.jpg
これなら年会費1万500円。年会費2万のセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードやMUFGゴールドカードの半額ですぜ。

ただ、パス到着までに一悶着あり。楽天プレミアムカードが届き、プライオリティパスの申請をして、ようやく届いたと思ったら、カードに刻まれているローマ字表記が違っていることに気づき(名字の一部の「TO」がなぜか勝手に「TOU」表記にされていた…)、楽天プレミアムカードの再発行手続きをし、プライオリティパスの申請もやりなおして、ようやく正しい表記のカードが届いた、というわけです。

ラウンジに入るときは、搭乗券やパスポートと一緒にパスを提示するから、ローマ字表記が違っていたら面倒なことになりかねない。気がついて良かった。年末の旅行に間に合って良かった。年会費分、目一杯使わねば。国内での仕事でも忘れないよう使わねば。

といっても、日本で使えるのは成田と福岡とセントレアと関空のみ。どうして羽田がないのかなあ。ケチ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-09 22:01 | 空港

船旅その2

乗ってみたい船はほかにもありました。

1. スペイン・アルヘシラスーモロッコ・タンジェ間のジブラルタル海峡をわたるフェリー
2. UAEのシャルジャーイラン・バンダルアッバース間のホルムズ海峡をわたるフェリー
3. スエズ運河北端のポートサイドー対岸のポートフアード間をわたるフェリー(ともにエジプトね)
4. ヨルダンのアカバーエジプト・ヌエバ間の紅海をわたるフェリー

海峡や湾を渡る船ってやっぱり憧れます。
3の、スエズ運河を行き来するフェリーもいいなあ。

エジプトにはいつかは行ってみたいのですが、アレキサンドリアにも行きたい、地中海やスエズ運河を見たいという気持ちがすごーく強く、いっしょにピラミッドや神殿巡りもするとなると、かなりの日数が必要な予感。現実的にそれは無理なので、いま、「まずカイロ、アレキサンドリア、ポートサイドあたりに先に行っちゃおうか」と考え中。ルクソールやアスワンに行かないのってヘンかな。
f0154706_18214784.jpg
これがポートサイド。ポートサイードとも言うようです。わずか5分という短い船旅ですが(無料なんだって)、対岸へ行くのって楽しそう。
[PR]
by butterbur-sprout | 2009-10-07 18:27 | その他