毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旅行用バッグ

みんな、旅行用バッグはどんなものを使っているんでしょう?
私が長いこと愛用しているのは、鞄工房土屋の2ウェイバッグ

旅行用バッグに求める機能のーー
・ショルダーと斜めがけの両方が可能
・収納力あり
・外にもポケットあり
・革製 でも あまり重くない
・見た目にはでっかく見えない
の5つを満たしているので気に入って使ってきました。
f0154706_225275.jpg

f0154706_22492071.jpg

f0154706_22494426.jpg
ね、なかなかいいでしょう。これでかなり入るんですよ。斜めがけにしてもカジュアル一辺倒にならないし。ちなみにこの画像は改良版。私が持っているのはこの前のタイプです。ほとんどいっしょですが。

しかし、最近ちょっと気になるバッグ出現。それは、カフェグローブのオリジナル企画バッグです。
f0154706_22523037.jpg

f0154706_22525061.jpg

f0154706_2253972.jpg
うーむ。これはいいかも。鞄工房土屋のバッグよりもっと収納力ありそうだし。香港に行く前に買ってしまおうか、どうしようか。迷ってます。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-31 22:55 | 旅道具

飛行機モデル

搭乗した飛行機の500分の1ダイキャストモデル(ヘルパ製)を集めはじめて早数年。「乗った飛行機のみ集める」「未体験の航空機モデルは乗るまで我慢」を原則としているため、なかなか増えていきませんが、それでも少しずつコレクションが充実してきました。

いくつかあるお気に入りの一つがコレ。
ウズベキスタン航空のモデルです。
f0154706_2392722.jpg
懐かしや、ウズベキスタン。スザニの布と青の都サマルカンドに惹かれて足を運んだのは5年前。思い出深い旅行だったので、航空機モデルにも愛着があります。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-29 23:12 | ミニチュアコレクション

お仕事@香港 その2

仕事のついでに香港で遊んできちゃおうーという計画。
チケットやホテルの予約に奔走してます。

私の希望はーー
・キャセイ航空で行きたい
・できれば往路は午前便、復路は午後便
・ホテルは上環あたりのローカル色の濃いエリアにあるホテル

しかし、これらの条件を満すツアー(完全フリータイム)がすでに満席。チケットだけ手配しようとしても、やはり「すでにSold Out」。キャセイのサイトから直に予約すれば確保できるけれど、値段が高ー。
あるのは、往路午後便でしかもホテルの指定不可というタイプばかり…。どのホテルになるかが直前まで決まらないというのは私の性分に合わないので却下。

結局、以下の変則的な組み合わせに決定しました。

スカイゲートで1泊付きのキャセイの便を予約、もちろん往路午前便、復路午後便。
・同じホテルの2泊目、3泊目は別途ほかの代理店で予約

この方が安いんですよ。ツアー商品よりも。1万円強く安くなったので気分良好。ホテルについたら、チェックアウトせずに3泊分、ずっと同じ部屋を利用したいと説明しなくてはならないけれど、まあ、なんとかなるでしょう。

久しぶりにスカイゲートを利用してみたら、前よりもずっと利用しやすくなってました。検索時間がめっぽう短くなったし(昔はイライラするほど待たされた)、領収書や請求書も即座に画面上から指示してプリントできる。なかなかオススメではないでしょうか。
f0154706_2154113.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-28 21:09 | 計画

お仕事@香港

仕事で香港に行くことになりました。
仕事自体は3,4時間で終わるし、曜日は金曜日なので、木曜日に香港inにして、日曜日に帰国しようと画策中。

さて、どこのエアラインで行くか(経費は出るのですが、あれこれ選ぶのは性分なので)。安さだけならNW、でも燃油サーチャージが往復で18000円もかかる。日系の2万円よりは安いけれど、額面の値段がむなしく思えるので、キャセイを検討中。キャセイなら燃油サーチャージは4800円だ。

で、結局またまたキャセイで香港に行くことになりそう。仕事とはいえ、うれしや。キャセイに乗れて、香港に行けて…。
f0154706_23402715.jpg


香港が好きな理由はたくさんありますが、一つは航空機モデルのお店が多いこと。
お気に入りはTOYMAX。佐敦駅のすぐ近くにあります。さて、今回は何を買おうか。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-23 23:40 | 計画

ジェットなんとか

いまTVで盛んに宣伝しているジェットスター
f0154706_2114620.jpg
カンタスの子会社のLCCですが、LCCには「ジェットなんとか」というネーミングの会社がなんだか多い。

たとえば、アメリカ・ニューヨークをベースにしている
ジェットブルー。デザインはなかなかスマートですが。

f0154706_21145014.jpg
インドのジェットエアウェイズも「ジェットなんちゃら」シリーズ。なんてベタなネーミングだ。ベルギーには、ジェットエアフライなんぞという、超つまんない名前の会社もありますね。
f0154706_2133487.jpg
ほかにも、英国のジェット2とか、モロッコのジェット4ユー(Jet4you)という会社も見つけました。
f0154706_21332542.jpg
これはジェット2で、
f0154706_21333963.jpg
こっちがジェット4ユーです。

エアなんちゃら、が多いのと同じなんでしょうが、新興の会社だったらもうちょっとネーミングに創意工夫を望みたい。

その点、タイ航空の子会社のLCC、ノックエアは可愛いぞ。ノックとはタイ語で小鳥のこと。塗装もロゴも気が利いています。
f0154706_21252753.jpg
これがロゴで、
f0154706_21253433.jpg
機材はこれ。イワトビペンギン風の「ちょい悪」感が愛らしい。

ノックエアには一度だけ搭乗しましたが、チェックインカウンターにいた女の子が機内ではフライトアテンダントとしてお仕事していました。LCCならではの光景ですな。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-16 21:37 | 飛行機

バンコクホテル遍歴

今年の大晦日を過ごすホテルはどこにしようと考えているうちに、自分がずいぶんいろいろなホテルを転々としてきたことを改めて実感。で、まとめてみました。

エバーグリーンローレルホテル
はじめてバンコクに行った時に利用しました。バンコクの地理などまったくわからないまま、言葉の響きの良さに惹かれて予約したら、あら、すごく良いホテル。高級感あります。部屋も広め、ロビーもなかなかゴージャス。ただ、最寄り駅(サラデーン)から徒歩10分強の距離がこたえました。コンベント通りをひたすらてくてく、てくてく。で、もっと便利なホテルを探すことになるのです。

スイスロッジ
このホテルはコンベント通りを歩いている時になんとなく目に入り、泊まってみたのですが、いや、実に私好みのホテルでした。部屋数57、こぢんまりとしていてけばくない。サラデーン駅から徒歩5分と至便なのに静か。回りにはレストラン、屋台、コンビニ各種揃っていて困りません。あまりに気に入り、以後、バンコクの定宿となりました。1週間ぶっつづけで泊まったこともあります。
しかし、サービスアパートの存在を知ったことで、このホテルから足が遠のくように…。嫌いになったわけじゃない。ほかに気になる存在ができただけってカンジですか。

センターポイントシーロム
ザ・エレガンス・コート
エバーグリーンプレイス
シャトー・デ・バンコク
ザ・ビクトリー
センターポイントペッブリー
ル・ブア・アット・ステートタワー
これらはぜーんぶサービスアパート。詳細は、ここここここをどうぞ。

キッチン付きの部屋って便利かなーと利用しはじめたサービスアパート。すっかり気に入り、いろいろなところを試してみました。そのうち、リビング・キッチン付きの「ホテルのスイートルーム」もいいんじゃないかと思い始め、ふたたびホテル派に回帰。ただし、スイートは高いので場所を選びつつね(観光客に不人気の立地だと比較的安い)。

プリンスパレス
ホテル派に戻ってから泊まったのがここ。素晴らしい! (私にとっては)立地は最高、部屋は広くてキッチン付きで何より安い。詳しくはここへ。

さて、いまの気持ちは「原点回帰」。お気に入りだったスイスロッジです。大晦日はどこのホテルもそれなりの値段ですが、スイスロッジならそう高くない。スイートでも1泊1万5000円ぐらい。こぶりでコージーでフレンドリー、駅近、交通至便、近くにコンビにあり、従業員のサービス良し、ただし展望は望めず(隣は学校だ)のホテルにいま一度泊まりに行こう。そう決めています。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-14 22:41 | ホテル
たまーに読んでいるIndependent Travelerで、面白い記事を見つけました。

タイトルは、「In Search of the World's Best Economy-Class Seat」。お、これは面白そうと読んでみたら、世界最高のエコノミーの座席は
・CX(キャセイ航空)B747 の 66 A と K
・SQ(シンガポール航空)B747の 61 A とK
なんですと。

Seat Guruでチェックすると、こんな座席でした。
f0154706_23345329.jpg
      CXのB747。66 A と 66Kがベストシート。

f0154706_23355452.jpg
      SQのB747。 61 A と61Kがベストシート。

ベストシートの根拠は、機内エンタテイメントや3-4-3の座席の配列、トイレからのほどよい遠さ(臭いにわずらわされず、トイレ待ちの列を目で確認できる)だとか。ま、記事でも書かれていますが、トイレに近い方がいいという人もいれば、通路側が好みという人もいるので、何がベストかはその人次第。

私の場合、エコノミーだったらできるだけビジネスクラスに近い前方の席で、中央の列(3-4-3の4の列)の通路側がいいな。これまでの経験でいうと、ビジネスクラスのトイレを使わせてくれることが多いのです。行列はないし、トイレは広いし。お勧めです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-12 23:45 | 飛行機

南インド旅行計画その2

南インド旅行の予習として出かけた東銀座の南インド料理レストラン、
ダルマサーガラ

ここはオススメ!!
カレーはもちろん、お米のクレープ、マサラドーサも、蒸しパンのようなイドリーも美味しい。おまけに従業員のお兄さんが機転が利く人で好感度高し。

さらに、ケララ州にある日本人経営の旅行代理店、
エバーグリーン・トラベルの「食べ物」ページを見るとますますそそられます。

そもそも南インド行きを決めたのは

・料理が美味しいらしい
・人柄が北よりも穏やからしい
・インドでは珍しく、旅行であまりいやな思いをしないで済むらしい

という理由からですが、ダルマサーガラで「うーむ、これは期待できそう」との感触を持った次第。どうか期待が裏切られませんように。南無。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-10 20:56 | 計画

南インド旅行計画

次回の旅行先は南インド。ケララ州のコチ(コーチン)に行く予定。

で、私たちとしては初めて!大晦日を海外で過ごすことになります。
予定としては、12/28に日本を出て、大晦日と元旦をバンコクで過ごし、その後南インドへ。ルートをもっと詳細に言うと、たいがいの人に「えっ?」と言われます。なんでかというとーー

成田ーソウルー香港ーバンコクームンバイーコチ

のルートだから。わかってます。ばかげてるのは。でもいいの。CX(キャセイ)のビジネスに乗るためだから(成田ーソウルはUAの特典旅行券のCクラス)。ソウルー(香港経由)−バンコク行き、CXのCクラスは約85000円。これを見過ごす手はありません。

問題は燃油サーチャージ。経由地が増えるとその分別途かかるから(経由地までの分も1区間として燃油サーチャージが課せられる)ちょっと高くなるなあと調べてみたら、結局CXで香港経由にしても、ソウルからバンコクにTGとかOZでダイレクトに飛んでも、変わらないことが判明。ほぼキャセイに心が決まっています。
・CX   6700円×2=13400円  (SEL-HKG,HKG-BKKともに6700円)
・TG USD 152.00 =15840円
・OZ 13500円

しかし、目的地に行くまで5フライトとは。大丈夫かなあ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-10 02:08 | その他

旅行先

行ってみたい国の顔ぶれは毎年少しずつ変わります。新しいところが加わったり、優先順位が急に落ちたり。

これからの旅行先候補を挙げてみるとー
f0154706_21165377.gif
なんという覚えやすい国旗だ。リビアです。保存状態の良い遺跡の宝庫。

f0154706_21172866.gif
こちらはマグレブの国、モロッコ。やはり一度は行って見ねば。

f0154706_21284294.gif
私の周りで行ったことのある人はみんな口をそろえて「良いよ」と勧めるポルトガル。やや落ちぶれ感が日本人の琴線に触れるのか?

f0154706_212107.gif
マルタです。イタリアのすぐそばなのに英語圏。小さな島ですが、魅力はいっぱい、らしい。

f0154706_21294487.jpg
ポーランド。はっきりいって2週間前は関心度ゼロでした。なのになぜ浮上したかというと、次回のサッカー欧州選手権(EURO)がポーランドとウクライナの共同開催だから。ウクライナよりはポーランドかなあーという理由で突如浮上した国。今回のEUROは最高でした。4年後には見に行きたいなー。

ここ2.3年、リビアは私の中ではずっと上位にランクインしていましたが、
・入国が面倒(現地代理店にビザの手配を頼み、ツアーを組んでもらって同行してもらう必要あり)
・入国するのに1000米ドル以上の現金が必要
この2点で気持ちが萎えてきました。自由度が低い旅行はカンベン。もっと旅行が自由化されたら考えよう。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-07-08 21:32 | 計画