毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

理想のエアライン

「こんなエアラインがあったらなあ」とエアラインファンに思わせるのが、米国のブラニフインターナショナルです。

1982年につぶれてしまいましたが、60年代から70年代に一世を風靡しました。といっても、私は当時のことを知らないのですが。後付つけの知識で、現役のファンでないことがちょっと悔しい。

ブラニフの何が画期的だったかというと、「デザイン」という思想をエアラインに持ち込んだこと。機材の塗装も、乗務員の制服も、すべてがブラニフらしいスタイルで貫かれていました。

f0154706_15595363.jpg
信じられます?この塗装。「ジェリー・ビーンズ・フリート」をテーマに仕上げた飛行機はホント、美味しそう。なんという個性、なんというインパクト。

f0154706_1603392.jpg
スッチーの制服を手掛けたのはエミリオ・プッチ。いま見ても新鮮。ここまでくるとあっぱれです。

f0154706_1601527.jpg
こっちは、ホノルル便の制服。遊び心が楽しい。

これらだけじゃなく、座席や機内の備品もすべて「ザ・ブラニフ」と言うべきデザインで統一されていました。こんなエアライン、見たことない。体験する前に破産してしまったのが残念でなりません。

航空旅行が贅沢だった時代だからできた、ともいえますが、私はエアラインにはもっと冒険してもらいたい。安さ一辺倒の会社があってもいいけど、航空旅行ならではの楽しさをもっと満喫できるエアラインがあってもいい。その意味で、インドのキングフィッシャーのような試みに注目しています。

ブラニフファンは各界にいるようで、例えば、バンダイが架空の航空会社シャムロックエアをブランド化したシャムロックエア。雑貨のブランドですが、絶対スタッフにはブラニフファンがいると見た。

f0154706_1618392.jpg
飛行機を模した原宿の直営店。窓が愛らしい。
f0154706_1618497.jpg
スッチーの制服もオシャレだな。ピンク一色のエアラインです。

この春に放映されたSo-netブロードバンドのCMにも、ブラニフファンが作ったっぽいエアラインが登場してました。

f0154706_16252698.jpg
絶対、ブラニフを意識して作っていると思う。こんなエアライン、あったら楽しくないですか。日本にもスターフライヤーのようなデザインエアも誕生したし、JALやANAも「地味で堅実路線」にとどまらず、もっとがんばれ。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-28 16:36 | 飛行機

ホテルの口コミ情報

宿泊した人の生の声を聞いてみたい時には、ココを利用しています。
アップルワールド

f0154706_1792032.jpg
クチコミプラザというコーナー内の「クチコミ掲示板」には主要都市の主立ったホテルの体験談が紹介されているのでなかなか参考になります。ホテルの顔ぶれがメジャーすぎるのが私的にはちょっともの足りませんが(ガイドブックの常連ホテルが大半で、マイナーなホテル情報が手薄)、それでも利用価値は高い、と思う。

しかし、一度もココを通してホテルの予約を入れてない私。読み逃げばかりで、ちょっと心苦しい。だって、料金が割高なんだよね
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-25 17:12 | 旅行関連使えるサイト

FLIGHT × FLIGHT

飛行機の座席や食事、ラウンジに関する記事を読むのが大好きなので、わりとひんぱんにチェックしているのがこちら。
Shall We Travel?

旅心をくすぐるサイトというサブタイトルが示すように、観光地や各国の食事、日本国内で利用できる外国料理のレストランなど、旅関係の情報が盛りだくさん。なかでも、楽しいのが、「FLIGHT × FLIGHT」のコーナーです。いろいろなエアラインのビジネスクラスのシートやミール、ラウンジを丁寧に紹介してあるので、読むとますます乗りたくなる、搭乗したくなる、旅に出かけたくなる…。

ちなみに最新情報は、タイ航空の「ロイヤルファーストラウンジ、ロイヤルシルクラウンジ」でした。

f0154706_2182898.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-25 02:26 | 旅行関連使えるサイト

羽田エクセル東急に

飛行機のファーストクラスで使用されていたシートを部屋に設置したホテルがあるそうです。
羽田エクセルホテル東急

名付けて「フライヤーズルーム」。大きな窓に面して設置されたシートはフルフラットになって、部屋に機内食風ディナーセットを届けてもらうサービスもあるらしい。ちょっと心が動きます。

ただちょっと高いのよね。ツインで22,000円〜。一部屋じゃないの、1名分の料金なの。機内食ディナーも別料金で4000円だって! 泊まった方の感想を聞きたいな。

f0154706_14332371.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-23 14:34 | ホテル

SKYTRAX

空港、エアライン、ラウンジ、シートについて詳しく知りたいなら、やっぱりココでしょう。SKYTRAX

f0154706_1702310.jpg
レビューもたくさん。エアライン&空港のランキングあり。読み応えあります。

2008年International Airlineで、最高の5つ星を獲得したのは次の5社でした。
アシアナ航空、マレーシア航空、カタール航空、シンガポール航空、キャセイ航空

カタールには乗ったことありますが、そんなに良かったかな、とやや疑問。ただ、SKYTRAXのランキングにはいつもちょっと腑に落ちないところがあるので、こんなもんかもしれません。ビジネスだったら快適だったのだろうか、とひがんで考えてしまう私。

空港の5つ星は次の3空港。
香港、シンガポール、仁川。

アジアばっか。どうした日本。って成田じゃ絶望的。スタート時からダメダメだもん。設計ミス、思想ミス、ビジョン欠如。情けないです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-17 17:03 | 旅行関連使えるサイト

燃油サーチャージ

燃油サーチャージがずいぶんと高くなりました。せっかく格安チケットを買っても、サーチャージをプラスすると+20000円なんてざら。でも、もっと腹が立つのが、エアラインによってかなり違いがあることです。

たとえば、
●東京ー香港路線   *USD=100円として計算
JAL       8000円
ANA       8000円
ノースウエスト 1600円
キャセイ    1800円

●東京ーバンコク路線
JAL      14000円
ANA      14000円
ノースウエスト 12000円
ユナイテッド  12000円
エアインディア  3500円(USD35)
シンガポール航空 7500円(USD75)
タイ航空  5500円(USD55)

●東京ー欧州路線
JAL       20000円
ANA       20000円
英国航空  16000円(ロンドン)
ヴァージンエア 12560円(ロンドン)
SAS       13000円(日本発着はすべてこの価格)
KLM       12800円(アムステルダム)
ルフトハンザ  14000円(国際線はすべてこの価格)

要するに、すべてにおいて日本の航空会社は突出して高い。しかも横並び。談合するなって。それでいて、「スーパーエコ割WEB NY行き69000円」と派手に宣伝するなんて詐欺。燃油サーチャージは片道分の料金なので、往復だとJAL、ANAともにプラス40000円かかります。トータルで10万円超えちゃうじゃん。これは誇大広告でしょ。JAROも動けよ。

なお、燃油サーチャージは以下のサイトで調べられます。後で慌てないために、事前にしっかりチェックしましょう。

etour 燃油サーチャージおよび航空保険料
日本旅行 燃油サーチャージ額一覧
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-15 16:58 | 旅行関連使えるサイト

バンコテル

ヨーロッパに行くときは、ぜひとも使ってみたいと思っているのが、バンコテル(Bancotel)。妙な語感ですが、スペイン語のBancoとHotelの造語で、スペイン生まれのホテル予約システムです。

特徴は
1. ホテルの空き室を予約する
2. 利用できる時期と提供される客室数が限られるが、格安の値段が多い
3. 支払いは世界共通で使える「BANCOTELチェック」で行う

あらかじめ、「BANCOTELチェック」というクーポンを買っておいて、ホテルのランクや時期、曜日などに応じて設定された宿泊料金をこのクーポンで支払うわけです。クーポンは、150ユーロセット(25500円)と250ユーロセット(42500円)の2種類。

なんだか子ども銀行みたいで楽しくないですか。扱っているホテルはヨーロッパ中心ですが、世界各都市2,861軒。3ツ星以上5ツ星までで、高級感のあるホテルが多いのがうれしい。

ただし、空き室があるのが前提なので、繁忙期しか旅行できない人には使いづらい。逆に、オフシーズンに動ける人ならかなり使えるサイトだと思います。

ああ、ヨーロッパに行きたい。でも、行くなら最低10日は旅行しないと。しかし、1月以外、そんなに長く休めない。1月のヨーロッパは寒いからイヤだし。よって、いつまでたってもヨーロッパに行けない。この悪循環をなんとかしたいもんです。

f0154706_21535315.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-14 21:54 | 旅行関連使えるサイト

航空会社の事故率

航空会社の事故率ってやっぱり気になります。
安いのがわかっていてもChina Airを利用したくないのは、事故がホントに多いから。

ほかに事故率が高いエアラインってどこなんだろう。そんな情報を知りたいなら、ココがおすすめ。
Airsafe.comです。

ちょっと数字を拾ってみましょう。
1970年以降の100万フライトあたりの事故率(死者を出した事故)のワースト10は、

1. Cubana(キューバ) 18.53%
2. Air Zimbabwe(ジンバブエ)11.54%
3. Aero Peru(ペルー) 9.74%
4. Royal Jordanian(ヨルダン) 7.99%
5. Agypt Air(エジプト) 7.60%
6. China Air(台湾) 7.16%
7. TAM(ブラジル)   5.68%
8. Air Inda(インド) 4.89%
9. Pakistan International Airlines(パキスタン) 4.55%
10. Turkish Airlines(トルコ) 3.58%

びっくりしたのが、Cubanaの突出した数字。そんなに事故って起きてたっけ?
China Airよりも事故率が高いエアラインが5社あるというのも意外でした。派手な事故はないけれど、ぽつぽつ死傷者を出すような事故があるのかな。

これらとは逆に、事故率0%の会社も多いです。メジャーどころではーー
JetBlue Airlines(アメリカの格安航空会社)、Hawaian Air、Aer Lingus、Australia Air、Fin Air、Easy Jet(英国の格安航空会社)、SAS、Virgin Atlantic、 Air Jamaica、Emirates、Tunis Air、EVA Air、Qantasなど。

格安だから危険ってことは全然ないようですね。なお、日本のエアラインは、ANAが0.22%、JALが1.36% でした。

このサイトには、最近の事故の詳しい情報も出ているし、機材ごとの事故率も調べられる。すべてのエアラインを網羅しているわけではないし、数字が「UNKNOWN」の会社もそこそこあるのですが、荷物に関するアドバイスなど参考になる情報も多々。なかなかのスグレモノです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-11 16:33 | 旅行関連使えるサイト

ホテル予約サイト

インターネットのおかげで、ホテルに関する情報収集や予約が本当に楽になりました。

で、私が利用したことがある主なサイトを紹介するとーー

f0154706_16423632.jpg
Hotel Clubです。120カ国、35000件以上のホテルを扱っています。利用者の評価を確認できるのはいいよね。

f0154706_16442979.jpg
これは、Rates to Go。宿泊日の20日以内の予約専門サイト。上のHotel Clubの姉妹サイトです。探すとけっこう安い価格がありますが、 「おススメ」マークが付いているホテルがすごく安いかというと微妙。よそのサイトより高いことも多いです。比較検討すべし。

f0154706_16481461.jpg
オクトパストラベル。ホテルだけでなく、送迎サービスとかレンタカーの手配ができるスグレモノ。空港ーホテル間のプライベート送迎は実際利用したことがあります(チェンマイにて)。ものすごーく愛想の良い可愛いおかまちゃんが迎えに来てくれました。さすがタイ。首から提げていたIDカードの写真が元の姿の坊主頭だったのは笑えた。それはともかく、確実に迎えにきてくれるのではじめて行く土地では重宝するかも。

f0154706_16513754.jpg
Asia Travel。ここはねー、けっこう安い価格で出ていることが多いです。タイなんか、「ここが最安」というホテルがたくさんあって、私のお気に入り。何度も利用してます。

f0154706_16532461.jpg
South Travels。アフリカや中東まで幅広い地域をカバーしています。

f0154706_16544594.jpg
Asia Rooms。「Asia」とありますが、ここも扱い地域は広いです。日本語ページは翻訳ソフトを使った妙な日本語で、かえって読みにくい。なので英語ページを見た方が楽だと思う。レビューも見られます。
[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-10 17:03 | 旅行関連使えるサイト
大規模じゃなくて、インテリアのセンスが良くて、雰囲気も居心地も良さそうで、つまりはサービスの質が全般的に高そうなちんまりとしたホテルーーが私の理想型。

で、見つけたのがこのサイト。Karen Brown's World of Travel

ヨーロッパ、アメリカ、メキシコ限定ではありますが、Cozyなイイ感じのホテルを揃えてます。でも、実は利用経験がない私。いいの、こういうのは見てるだけで楽しいの。そのうち使える日も来るでしょう。必ず。

f0154706_1414498.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2008-04-09 01:41 | 旅行関連使えるサイト