毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

4. シャトー・デ・バンコク

・宿泊時期 2004年9月
・料金   スタジオ/確か2500Bぐらい
・予約方法 代理店(accorhotelsのサイトから)
・立地   BTSのプルンチット駅から徒歩200m、という触れ込みでしたが、やたらと車の行き来が多い道で歩きづらく、おまけに大きなホテルやオフィスビルばかりが並ぶ道なので、つまらない! ひどく遠く感じました。私の頭の中では「徒歩10分」。
・感想  部屋は申し分ないです。広さはトータルで45平方メートルほど。ベッドルームも居間もバスルームも美しかった。accorhotelsのオペレーションだし、サービス面でも特にケチをつけようがないサービスアパートですが、今後泊まることはないでしょう。
それは一重にロケーションのせい。プルンチット界隈が好きではないから仕方がないんですねー。ほかの場所(シーロムとかサパーンタクシンとか)にあれば、また泊まるのに…。
ちなみに、いま調べてみると料金が高いのにびっくり。3700Bぐらいかかる模様。私が予約したときは、ネットで「accorのサイトから申し込むと安い!」と話題になっていた時期でした。キャンペーンか何かだったのでしょうか !?
・採点 ★★★

5. ザ・ビクトリー

・宿泊時期 2005年6月
・料金   ワンベッドルーム/確か1800Bぐらい
・予約方法 ホテルのサイトに直接申し込み
・立地   一度は戦勝記念塔近くに泊まってみたいと、あれこれ探して見つけたサービスアパート。BTSのビクトリーモニュメント駅までは徒歩5分ほど。タクシーの運転手が場所を知らず、到着するまでにひどく迷ったことを覚えています。戦勝記念塔界隈に行ったことがある方ならわかると思うのですが、多方面に行くバスステーションが集結していて、タイ人密度が濃い地帯です。人が集まれば、屋台も集まり、店もできる、というわけで、食事にもショッピングにも困りません。目移りするほど。アパート近くのランナム通りにはイサーン料理のレストランがたくさんあります。でも、ホテルは1本引っ込んだ道にあるので、とても静かでした。
・感想   ホテルのサイトに価格が出ていなかったので、メールを送って聞きました。返事はすぐ来ました。
部屋はなんということはないシンプルな造りですが、問題はありません。水回りもしっかりとしていたし、清潔です。全体にちょっと古くさくはなっていますが。日本人にあまり知られていないのか、宿泊者は白人が目立ったかな。現在は、近くにシネコンや大型免税店ができているので、価格が上がっているかもしれません。代理店での取り扱いも始まっているようです。また泊まりたいアパートの一つです。
・採点 ★★★★

その3へ続く
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-31 00:47 | ホテル
サービスアパートとは、簡単に言えば、家具付きの賃貸アパート。長期滞在者が多いので、食器、キッチン、レンジ、時には洗濯機まで完備しています。
それでいてホテルのように、リネン交換やランドリーサービスなどホテル並のサービスを受けられるし、レストランで朝食も出ます。ほとんどのところにはフィットネスセンターやプールも有り。キッチンを使って料理もできるし、部屋も広めで非常に快適。ここ5、6年ほどはバンコクの宿泊先はサービスアパートに決めています。

毎回のように宿泊先を変えてきた私の評価は以下の通り。
(★5つが満点、☆は★の半分)

1. センターポイントシーロム

・宿泊時期 2002年1月
・料金   スタジオ/確か2200B
・予約方法 代理店(Asiatravelのサイトから)
・立地   BTSのサパーンタクシン駅から徒歩1分。ロビンソンデパートの上なので非
常に便利。周囲には屋台やローカルなお店がたくさん。無茶苦茶、庶民の町です。
・感想  スタジオルームで約60平方メートル。あまりの広さにもてあまし気味となりました。ベッドルームからも直接バスルームに行ける点は良かった。バスルームには専用のシャワーブース有り。掃除は行き届いていましたが、若干施設の老朽化が目立ったように思います。でも大きな問題はなし。交通の便重視の人にはうってつけでしょう。
・採点 ★★★★

2. エバーグリーンプレイス

・宿泊時期 2003年1月
・料金   確か1600B
・予約方法 ホテルのサイトに直接申し込み
・立地   BTSラチャテーヴィー駅から徒歩5分。サイアムからも歩いていけます。約10分強。ただし、サイアムからの道は夜は街頭も少なく、店もあまりないので、一人ではおっかないかも。便利な場所ですが、賑わっている一帯ではありません。
・感想   宿泊したのは料金が一番下の部屋。それでも44平方メートルあり、私たち夫婦には十分でしたが、前に泊まったセンターポイントシーロムと比べると、やや「格落ち感」あり。料金は非常にリーズナブルなのですが、その後一度も泊まっていないのはたぶんあの、ひっそりと何かがうごめいているような印象を与える周辺の暗い雰囲気が好きになれないから。もっとも、ラチャテーヴィー駅から行く分には何の問題もありません。
・採点 ★★★

3. ザ・エレガンス・コート(現在はベスト・ウェスタン・ザ・エレガンス・コート)

・宿泊時期 2004年1月 2005年1月
・料金   確か7泊8日のプランで1泊あたり1600B
・予約方法 代理店(Asiatravelのサイトから)*いまは扱っていないようです
・立地   BTSのサパーンタクシン駅から徒歩7、8分。駅を降りた後、人混みの中、大きな通りを渡らないといけないのが面倒ですが、その行程は実にローカル。安いアクセサリーなど雑貨を売る店が歩道にずらり。バスを待つ人で道はいつもいっぱいです。ごみごみとしていて、うるさいことこの上ないのですが、それがイヤじゃない人なら楽しいはず。通りを渡ってからホテルまでの道は中華系の食堂が並んでいるので食事には困りません。近くに、おいしいおかゆの店もありました。
・感想   宿泊したのはスイートジュニア(1ベッド)で43平方メートル。エバーグリーンプレイスとほぼ同じ広さでした。室内のきれいさ、というか古さもよく似ています。とぼけた成金趣味はご愛嬌(高級ホテルを目指しつつ、予算が追いつかないのか、よく見るとインテリアがしょぼい)。すっごく小さな虫をトイレで発見。それ以外は問題なし。掃除も行き届いていました。
料金が安いのと、周囲の雰囲気が気に入ったので、次の年も泊まりました。コストパフォーマンスは抜群です。ちなみに2度も泊まったのサービスアパートはここだけ。ベスト・ウェスタングループに入って、どう変化したのか。気になります。
・採点 ★★★☆

その2へ続く。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-28 22:56 | ホテル
イラン・ヤズドのお気に入りホテル、Malek-o Tojjar
読み方は多分、マレク・オ・トッジャール。200年の歴史があるホテルなので、地元の人はみんな知っています。2005年1月に宿泊しました。

↓の迷路のような路地を曲がると、ホテルの入り口があり、そこを抜けると突然中庭が広がっていました。

f0154706_0174070.jpg

f0154706_365743.jpg

暗くてわかりにくいですが、部屋は中庭を囲むように2階に配置されています。
f0154706_373271.jpg









中庭はレストランになっていて、カーペットに直接座って「いだだきます」。ホテルのレストランは有名なのか、ほかのホテルの客も大勢食事に来ていました。
味? 美味しかったです。特に下のお菓子が。ナッツの風味たっぷりで、口にいれるとほろほろと溶け出します。

f0154706_381863.jpg

f0154706_322151.jpg


部屋ははっきりいって狭いです。狭いのでうまく写真が撮れず、まるで小人の国に迷い込んだガリバーの気分。背の高い人だとベッドから足が出るかもしれません。
しかし、私は非常に気に入りました。なんだか心地よいんですね。バスタブはなかったけれど、水回りはしっかりと整備されていて、ぴかぴかのシャワー、熱いお湯、高い水圧で疲れを癒すことができました。

ここは、ロンリープラネットのイラン編で「The Author's Choice」として紹介されていたホテル。どうやら私はこの著者と趣味が一致しているらしく、テヘランのホテルも、イスファハンのホテルも「The Author's Choice」に従って泊まってみたら、当たり!でも、一番の当たりはこのヤズドのホテルでした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-27 00:29 | ホテル
お気に入りホテルの一つ、タイ・チェンマイの
ラミンロッジ

f0154706_2016495.jpg
ナイトバザールと旧市街の中間地帯、ロイクロ通りに面している部屋数72の小さなホテル。便利な場所なのにとても静かで、お部屋は広く、インテリアもなかなか。

チェンマイのホテルは割安なので、上から2つめのスイートルームでも値段は確か8000円ほど(2007年1月時点)。

f0154706_20184458.jpg















問題はコレ→

巨大なお風呂です。あまりにもバスタブが大きいので、お湯が全然たまらない!
写真じゃちょっとわかりづらいけど、半端じゃなくデカイ。おまけに水圧が低いので、たまるまでにえらい時間がかかる。あきれるというか、あまりにおバカな造りなので、笑ってしまいました。

結局、あきらめて滞在中はシャワーだけにー。

ちなみに、バスタブ奥の窓は寝室とつながっています。お湯に浸かって、窓を開けて、優雅に寝室のテレビでも見て、という趣向なのか。ま、一度も使っていないので、わかりませんが。ある意味、実にタイらしいホテルではあります。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-23 20:29 | ホテル

ツバメノート

旅支度とは直接関係ありませんが、最近お気に入りの大学ノートがこれ。

f0154706_02309.jpg
f0154706_2342357.jpg







60年の歴史を持つツバメノート。使用されているフールス紙は万年筆にもっとも適しているようなのですが、ボールペンや鉛筆派の私にも書きやすい。グレー地のクラシックな表紙や、レトロな印象のNOTE BOOKのロゴもcool!。

私の好きなB罫(6ミリ幅35行)タイプを売っている店が見つからないので、もっぱらネットで購入しています。仕事用のノートは、これ!といったものが見つからず、あれこれ浮気していましたが、いまではツバメ一筋。人は最後にシンプルなものに還る、のでしょうか。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-22 00:06 | お気に入り

測量野帳 SKETCH BOOK

旅行に出かける時に重宝しているのがこのメモ帳。

コクヨの測量野帳 SKETCH BOOK。160mm×91mm、中は3mm方眼で全40ページ。
束がしっかりとしているので屋外でも書きやすく、厚みも大きさも手にちょうどよく馴染むカンジで使いやすい。
価格は1冊157円といいことだらけ。

f0154706_21102358.jpgf0154706_21104634.jpg








実はこれ、コクヨの方に教えてもらいました。「こんなロングセラーがあって、ファンが多いんですよ」と。早速、買ってみたらホントに良かった。で、私もファンの仲間入りをしたというわけです。旅行の時のみならず、仕事用、ちょっとしたメモ書き用と使い分けて楽しんでいます。

そのコクヨの方(女性)が「ちょっとシンプルすぎる装丁なので、可愛いシールをつけて使うといいですよ」と教えてくれたので、私もそのアイデアを拝借。用途に合わせてシールを表紙に貼っています(ちょっとしたアクセントとして)。

そうなると、今度はシールをいろいろと取りそろえたくなり、文房具店に行くたびにシール売り場をのぞくように…。今日、買ったのが右のシール。見つけた時にはうれしかった。次回の旅行用手帳にはこれを貼りましょう。


f0154706_21204249.jpgf0154706_21205629.jpg
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-20 21:23 | 旅道具

エアアラビア

昨日、エアアラビアのチケットを予約しました。
エアアラビアは、UAEのシャルジャをベースとする格安航空会社。前から乗ってみたいと思っていた夢がようやく来年1月にはかないます。

取ったのは、アレッポからシャルジャまでの片道で、値段は約13000円。国際線であることを考えれば安いものです。

シャルジャはドバイから車で20分程度の場所にあります。アレッポからシャルジャについたらドバイに移動し、今度はタイ航空に乗り換えて一路バンコクへ。この日は忙しいなあ。

これまで乗ったことのある国際線の格安航空会社は、タイ航空の子会社ノックエアのみですが、今後乗ってみたいところはたくさんあります。
インドのスパイスジェットキングフィッシャーエア英国のイージージェットドイツのエアベルリンなどなど。

アライアンスにしばられず、格安のところも含めていろいろな航空会社を利用するとマイルはたまりにくい。でもマイルに固執して、特定の航空会社しか利用できないのはいや。ジレンマです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-19 23:44 | 飛行機

ホテルの条件

毎回、ホテル選びにはずいぶんと時間をかけています。
利用したいホテルの条件について改めて考えてみるとー

1. あまり大規模ではないこと(100室以下とか)
2. 趣のあるホテルであること
3. ローカル色が強い場所にあること
4. 部屋はできればバスタブ付き
5. ツアー客よりも個人客の利用が多いこと
6. 近くに屋台や食堂、お店がたくさんあること

全部備えているホテルはそうはないけれど、優先順位をつけながら絞り込む作業が楽しいのです。

2は表現するのが難しい。あえていえば、歴史的な建造物をリノベーションしていたり、インテリアにそのホテルなりのこだわりが見えるところ。全然具体的じゃないけど。2006年1月、イエメンの首都サナアで利用したアラビアフェリックスホテルは、この2のタイプです。

3は、地元の人がよく使うバスや船の停留所に近かったり、市場がそばにあったりというロケーションを指します。どかーんと巨大なホテルで、大量のツアー客がバスで乗り付けるようなホテルがいやなんですね。あくまで好みの問題ですが。

例外もあります。たとえば、バンコクのプリンスパレスホテル。32階建ての近代的な大規模ホテルで、中国人のツアー客がたくさん利用しているけれど、立地と価格は限りなく魅力的。運河の船着き場がホテルのすぐ下にあり、ホテルの下には(ホテルは10階以上)衣料品問屋が700軒も集結していて、近くには屋台もたくさん。ものすごくローカルです。そのせいか価格は非常にリーズナブルで、スイートルームが6000円ぐらい(2007年1月時)。あのディープな立地を楽しめる人にはオススメです。

f0154706_17324469.jpg
アラビアフェリックスホテル。私たちが宿泊したのは向かって左側の棟の4階。狭いけど快適でした。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-17 17:53 | ホテル

台北のホテル予約

台北のホテル予約もなかなかにやっかいでした。

1/1は、台北到着が遅く、翌日も朝早くに出発するので、わかりやすい便利な場所がいいかなーと思い、台北駅近くのホテルを予約。しかし、サイトから予約を入れたのに返事がない。

で、ファクスを送りました。「以下の日程でこの部屋を予約したい。サイトから予約したのに、返事がないけど見てくれました? 次のページに確認書をつけたので、OKだったら空白部分に書き込んで、サインをした上でこっちにファクスで送ってね」と。
我ながら強引です。でも強引なのが功を奏したのか、すぐにファクスの着信音が入り、無事に届きました、記入済みの確認書。これで一安心です。

1/12〜1/17まで5泊する台北のホテルは、また別のところに当たりました。せっかくだから、違ったホテルを体験してみたいし。

しかし、ここの予約も難航。まずメールを送ってみたらなしのつぶて。ファクスを送っても返事なし。これはアカンと、電話をかけて「メールとファクス、見てくれた? 1/12〜1/17まで宿泊したいんだけど」と言ったら、「あ、わかってますよ」と愛想の良い声が聞こえてきました。予約はちゃんと入れてくれているのに、こっちに連絡がなかっただけのようなのですね。まあ、確認できたのでこれでよし(と、しよう)。

もっと大手の、チェーンのホテルなどを利用すれば、こんな目に遭うことはきっとないのでしょう。でも、そういうホテルは私の好みではないので、いつも手間がかかってしまう。先方とのやりとりや、困った困ったと次の一手を考える時間自体を楽しんでいるのだから、自業自得ですな。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-16 00:35 | 08年1月台湾・シリア旅行

シリアのホテル予約

シリアのホテル予約に手を焼いています。
パルミラのホテルは問題なくとれたのですが、残るアレッポとダマスカスで苦戦中。

ダマスカスのホテルは、目星をつけておいたところに「レートと予約可能かどうかを教えて」とメールを送ったのに、まったく音沙汰ナシ。ロンリープラネットのサイトにある掲示板ほか、日本はもちろんいろいろなサイトをチェックして「これは良さそう」と絞り込んだホテルだったのに…。
あきらめて、少しだけ予算オーバーのホテルに打診したら、今度はすぐに返事が来て、確認書もさっさと添付してくれました。シリアでは珍しい。感激。これでダマスカスはOKです。

さてアレッポ。
現地の代理店にメールを送ったら「すぐにホテルにコンタクトをとって、確認でき次第連絡します」と返事あり。なのに1ヶ月そのままだったので、思い切って「いったいどうなっているの?私はシリアを訪れるのをこんなに楽しみにしているのに。どうか私をがっかりさせないで」と、やや泣きが入ったファクスを送ったら、速攻で返事がありました。「がっかりなんかさせないから安心して。ホテルに午後連絡して、またメールします」だって。言ってみるものだ。
だがしかし、それから5日。まだ連絡がこないんだ、これが。

おそらく、向こうの人は「日本人はせっかちだなー。まだ10月なのに」と思っているに違いない。仕方がないので、少し気長に待ってみるつもり。最悪、現地で直接ホテルを訪ねてもなんとかなるでしょう。

ちなみに、ホテルだけでなく現地の情報を幅広く得るのに、ロンリープラネットの掲示板The Thron Treeや、Virtual TouristTrip advisorがすごく参考になりました。後の2つは、バックパッカー以外の投稿者も比較的多いので、私たちにはとても役に立つのです。
[PR]
by butterbur-sprout | 2007-10-14 21:02 | 08年1月台湾・シリア旅行