毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:10年5月香港旅行( 8 )

<旅行記>
1日目:その1 成田→香港  このホテルは当たりだ!
1日目:その2 湾仔の餃子で舌鼓
2日目:香港ぶらぶら 天后の飲茶に大満足
3日目:香港ぶらぶら 人力車観光バスに乗ってみました
4日目:香港→成田  エッグタルトはやっぱり美味い! って食べ物ばっかや。

<準備編>
Air
Hotel
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 21:35 | 10年5月香港旅行
最終日の朝、人気の茶餐廳、檀島珈琲店に行ってきました。
f0154706_21204519.jpg

朝食のセットメニューから注文したのがこれ。うわあB級。
f0154706_2121213.jpg
f0154706_21211716.jpg

でも、焼きたての蛋撻(エッグタルト)は最高級。
これはね、絶対焼きたてを食べていただきたい!
f0154706_21213228.jpg


ホテルへ戻る途中で、こんなトラックを見つけました。
f0154706_21253361.jpg
台湾にはキティファンが多いらしいけれど、香港も同じかな?

蛋撻で幸福な気分に包まれて(単純)、ホテルに戻って荷造り。チェックアウトして、空港へ向かいます。
市バスじゃなくて、エアポートエクスプレスを利用しました。

空港では、プライオリティパスでトラベラーズラウンジを利用。
f0154706_21242892.jpg

写真がぶれてるなあ。すみません。
f0154706_21241236.jpg
日本の古典的喫茶店の趣。居心地は悪くありません。

時間をつぶして、さあ、搭乗。
f0154706_21245143.jpg
機内食はカレーでした。

今度はいつ香港に行けるのでしょう。来年、また行きたいな。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 21:27 | 10年5月香港旅行
今日は朝からMRTで北角へ。
煲仔飯(ポウチャイファン=土鍋釜飯)を食べに、泉記というお店に行って参りました。
f0154706_20405259.jpg

ビルの街市(マーケット)の上層にある熟食中心というフードコート(?)の中にあるお店なんですが、なんというか香港おやじばかり。
f0154706_2042526.jpg
いくつものお店が入っていますが、泉記は一番人気。ここ、飲茶もあるんですね。
f0154706_2041154.jpg

煲仔飯といっても種類はいろいろ。
f0154706_20414799.jpg
わからないので、一番ポピュラーらしい北茹滑鶏を頼みました。安いねえ。HKD25だよ。

注文して待つこと約15分。はい、これが煲仔飯だ。
f0154706_2042818.jpg
お店の人がお醤油(?)をぱぱっとかけてくれました。熱い、うまい。冬の名物料理なんだそうです。あ、煲仔飯には冬瓜のスープがついてきます。
f0154706_20431978.jpg


ビルを出て、北角の駅周辺を散策。青空マーケットが出てました。
f0154706_20434572.jpg
ほらね、看板も売っている洋服もピンクが多いでしょ。
f0154706_20441159.jpg

右手奥に見えるビルもほんのりピンク。香港=ピンクの街だよ。
f0154706_20442963.jpg

そうそう。この日は日曜日だったので、町中にお休みをもらったフィリピン人の「阿媽」さんたち(メイドさん)があふれていました。ビルの外、中、庭、道路の片隅に氾濫しています。

MRTで中環に戻り、前回の旅行でファンになったケーキのお店へ。
ifcモールの中にあるLe Goûter Bernardaudです。

海外に行くと、いつも感じるのが日本のケーキのレベルの高さ。やっぱケーキは日本というか東京が一番よねと傲慢かましていたワタシに「香港を侮るではない」と教えてくれたのが、ここのケーキなのです。

注文したのは
Black Sesami & Green Tea cheese CakeとStrawberry Tarte。あとカプチーノとカフェラッテ。
f0154706_20483436.jpg

かなり甘いです。でもケーキは甘くて当然、甘さ控えめなんて物足りない派なので、大満足。添えてある生クリームも上等なお味。

腹ごしらえしたところで、観光バスに乗ってみました。人力車観光バスです。
f0154706_20493443.jpg

ここで1日パス(HKD100)を購入すると、香港島の西側を巡る『Heritage Tour(H1)』と東側を巡る『Metropolis Tour(H2)』の両バスを自由に乗り降りできるというので、まずはH1コースを体験してみました。
こんなバスに乗車します。
f0154706_2050765.jpg

中はこんなカンジ。
f0154706_20502724.jpg
せっかくなので2階へGO!
f0154706_20504623.jpg

しかしすごいね。ビルの密集具合ときたら、さすが香港。あ、ここにもピンクのビル、見っけ(左手奥 見えるかな?)。
f0154706_20511876.jpg

なんだか気色の悪い模様のビルもありました。
f0154706_20524794.jpg

竹の足場にはいつもびっくり。
f0154706_20534799.jpg


H1コースは1週約50分。中環を出て、西港城、文武廟、旧中区警察署、孫中山記念館、楼梯街、香港大学東門、蒲飛路、香港朝商学校、正街、港澳客輪埠頭と周ります。途中で降りても、その後大変そうだなあと思い、ずっと乗ってましたが、それでもじゅうぶん楽しめました。

H2コースを利用する前に、再びifcモールでお茶。Fuelというお店でしたが、特筆すべき点は何もないので無視。

さあ、再び人力車バスに乗りましょう。H2コースは、中環から湾仔会展新翼、景隆街、禮頓中心、跑馬地馬場、胡忠大厦、金鐘太古廣場、聖約翰座堂、皇后像広場と回るのですが、こっちはいまいちかなあ。結局、金鐘太古廣場で降りて、金鐘駅から湾仔駅へとMRTで戻っちゃいました。

お昼を食べ損なったことに気づき、ホテル近くの店に飛び込み(店名不明=空腹を満たす店ならなんでもよかった)、牛脛麺(HKD22)と水餃麺(HKD22)とミルクティーを注文。
f0154706_20544768.jpg
f0154706_20545987.jpg
一息ついたところでホテルに戻り、一休み。のつもりがけっこう寝てしまって、起きたら、ありゃ8時近いよ。

こういうときに根性のない私たちはホテル近くの店で手を打ってしまうのです。入ったのは、北京水餃皇というお店。食べたのは、ニラと豚肉の水餃子(日本語メニューがあるんだもん)
f0154706_20555057.jpg

上海粗炒麺
f0154706_20561038.jpg

グリーンキャベツのガーリック炒め
f0154706_20564153.jpg

しめてHKD116。
味ですか? 間に合わせの味。

香港旅行最後の夜をちょっと不本意な店で締めくくってしまいましたが、まあ、いいや。ほかのお店が美味しかったから。

そうそう、ホテルの近くでこんなお店を見つけました。
本業は写真屋のようなのですが、息子が道楽で飛行機モデルを集めているとか? 閉まっていたのが残念。機会があれば入ってみよう。
f0154706_20581324.jpg

[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 21:00 | 10年5月香港旅行
オクトパスカードにチャージして、MRTで灣仔から中環へ。
遅い朝食を食べに蘭芳園へ行きました。
これぞ、香港茶餐廳という濃厚な雰囲気に満ちたお店はいつもお客でいっぱい。

食べたのは
五香肉出前一丁(HKD24)
f0154706_20185877.jpg
なんで香港に行ってまでインスタントラーメンを…というなかれ。人が作った出前一丁を食べるなんて酔狂だけど楽しいですぜ。

こっちは雪菜肉絲湯麺(HKD24)
f0154706_20192363.jpg

アイスレモンティー(HKD2)
f0154706_20195111.jpg


お店を出てぶらぶらしている途中、ビビッドなピンクがアクセントのビル発見。香港人は絶対ピンクが好きに違いない。
f0154706_20201957.jpg

その後、スターフェリーで九龍へ。
尖沙咀YMCAの隣にできた1881 HERITAGEという商業施設に行ってみました。
f0154706_2195464.jpg
f0154706_21132299.jpg
f0154706_2114372.jpg

コロニアルスタイルの建築で、なかなかオシャレ。でもお店の数はそう多くない。
目に入ったのが「溥儀」という名前のお店。
f0154706_21152049.jpg
何のお店かなあ。近くまでいって判明。
f0154706_21155916.jpg

メガネのお店です。確かに、映画「ラストエンペラー」でも溥儀は近眼でメガネをかけていたっけ。

お庭で、新郎新婦が記念撮影をしておりました。ワタシも横でパチリ。
f0154706_21122031.jpg
この写真だといまひとつわかりにくいですが、陶酔してポーズをつけられる中国人ってすごい。てらいなし、恥じらいなし。ある意味感心します。

重慶飯店で両替した後(2階にあるPacific Exchange はレートがいいです)、スターバックスでお茶。
いやしかし、この時期の香港は暑い。

にもかかわらず、歩いて佐敦まで行きました。お買い物のためです。
目指したのは、佐敦駅前のプルデンシャルセンタービル内のお店、TOY MAX。行きつけの航空機モデルの専門店です。
f0154706_20221338.jpg

昨年乗ったアシアナのモデル(A330-300)が見つかったのでお買い上げ。値段、忘れた。高くないです。
f0154706_20224170.jpg

航空機モデルのコレクションが一つ増えたところで、昼食です。油麻地の生記粥店でお粥をいただきました。

生滾肉碎粥(HKD18)
f0154706_20251057.jpg

皮蚕痩肉粥(HKD13)
f0154706_20253357.jpg

蝦米腸粉(HKD8)
f0154706_202549100.jpg

どれも優しいお味でした。満足。

その後、MRTで旺角へ。さっき昼食を食べたばかりなのに、今度はデザートを食べたくなり、許留山に入りました。しかし冷房がきついね、ここはいつも。

注文したのはコレ。
金粉撈丸子(HKD32) マンゴーアイスの周りにマンゴーとストロベリー、白玉どっさり
マンゴーが美味しい。量はもうちょっと少なくてもいいかも。
f0154706_20262059.jpg

椰汁紅豆雪蛤膏(HKD26)  ココナツミルクの中にゆで小豆と白キクラゲ入り
f0154706_20263631.jpg


デザートを食べたら疲れました。食べ疲れだなあ。
ホテルに戻って一休み。歩く→食べる→食べる→一休みの繰り返しばっかや。

なんだかんだで夕食タイム。
いえ、ほかにもいろいろしていたような気がするんですが、写真には残っていないし、記憶にもない。
ということで、夕食を食べたお店紹介といきましょう。

もうね、ここは本当にオススメ!!!です。香港に来て良かった♪
24時間営業の飲茶の店、嘴兒甜點心です。
f0154706_20272070.jpg

住所:天后銅羅湾道96號地下
TEL: (852)2806-1629
24時間営業
定休日なし

MTRの天后駅から徒歩10分弱。
英語は通じないので、ほぼ指さしで注文。壁にはびっしりとメニューが張り出してあります。
f0154706_2027453.jpg
f0154706_2028649.jpg

店の入り口に出来たての飲茶が置いてあるので、ふたをとってもらい、中身を確認して注文しました。
f0154706_20283692.jpg
f0154706_20284898.jpg
f0154706_20285835.jpg

ともかく美味しかったなあ。飲茶9品に空心菜の炒め物を頼んで、計HKD129ですよ、みなさん。
幸せな気持ちで眠りについたことは言うまでもありません。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 20:39 | 10年5月香港旅行
お腹が満たされたところで湾仔散策へ。
無茶苦茶古いビルとぴっかぴかの近代的ビルが同居している香港は、何度歩いても飽きません。
f0154706_2345459.jpg

いつも思うのが、薄ぼけたピンクのビルが多いということ。きれいなピンクじゃなくて、薄汚いピンク。ビビッドなピンクじゃなくて、眠い桃色。ほら、こんなカンジ。
f0154706_23461699.jpg

しかし、この家は窓をどうしようとしているのだろう。
f0154706_23463016.jpg
住民が勝手にやっているとしか…。

一度ホテルに戻ってお休みしたら、またまたお出かけ。トラムで銅鑼湾へ。写真はありませんが、タイムズスクエアのアニエスb.カフェでコーヒーとケーキをいただきました。味は今ひとつ。

夕食をとろうと、ここから徒歩でお目当ての店へ。
餃子源です。
f0154706_20135919.jpg

住所: 灣仔皇后大道東259號地下
G/F, No. 259, Queen's Road East, Wan Chai
TEL : 2838 8486

はい、これはもう本当に当たり!! ここの餃子は皮が薄いんですね。で、つるっとしていて具とのハーモニーが最高。すみません、語彙不足で。ここは山東省出身の人がやっているお店で、山東省の餃子は皮が薄いのが特徴なのだそうです。 それから、何よりうれしいのが安いこと。

食べたのは
碧緑素菜餃(野菜だけの餡)
f0154706_20142898.jpg

これは中身。
f0154706_20145473.jpg

鮮肉芹菜餃(豚肉とセロリの餡)
f0154706_20153280.jpg

炸醤麺
f0154706_20155678.jpg

お会計はしめてHKD92。ひやぁー、安っ!

前に、中環にある人気の店、餃子園にも行きましたが、私はこっちの方が好み。美味しいです。
満足したところで歩いてホテルに戻って初日終了。明日はバスに乗ります!
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 20:17 | 10年5月香港旅行
午前6時発のNEX2号で出発。成田の1タミには午前7時半に到着しました。

プライオリティパスを使って、出発までKALラウンジでまったり。これが入り口です。
f0154706_17511575.jpg

1タミにでプライオリティカードを使用できるラウンジはここしかないのです。KALラウンジは中央3F部にありますが、周辺はとにかく閑散としている…! GWなのにね。もう終わりかけているからか?
f0154706_17513848.jpg

ラウンジ内部は豪華ではありませんが、すっきり清潔感があって居心地は悪くない。
f0154706_175215.jpg
f0154706_1814977.jpg

でも食べ物はあまり充実してなかったなあ。スナックとして、おにぎり、ペストリー、ナッツ、クラッカーがある程度。
f0154706_17522754.jpg

ラウンジの窓からは大韓航空機がよく見えます。未体験のエアライン。いつか乗らなきゃ。
f0154706_17524424.jpg

はい、これは機内食。
f0154706_17531187.jpg

なんだっけなあ、美味しくなかったことだけはよく覚えているけど。
で、お気づきでしょうか。非常口のところの席なので、前に座席がなく、足が伸ばせる。わざわざこの席を選んでよかった。快適です。

空港についたら市バスのA11で湾仔へ。
f0154706_17533287.jpg

料金は一人HKD 40です。
このバスの問題点は、降りるバス停を自分たちで確認しなければならないこと。前回の旅行では見事に降りるバス停を間違って、ホテルまで徒歩15分を強いられた私たち。今回は真剣です。
目を皿のようにして地図と窓から見える建物や標識をチェックしたら、今度はビンゴ。降りたバス停のすぐそばにメトロポールホテル湾仔が見えてきました。
外観を撮り忘れてしまいましたが、大事なのは室内だ!

さて、部屋に一歩入った印象は「当たり!」。
f0154706_17542043.jpg

f0154706_17542827.jpg
f0154706_17543422.jpg
f0154706_17544145.jpg
f0154706_17544979.jpg
f0154706_17545769.jpg
f0154706_1755750.jpg

清潔感ってすぐ肌に伝わってくるものです。バスタブもあるし、アメニティもそれなり。部屋の広さも、この料金(1万円を切る)のホテルとしては広い方だと思います。

ホテルで一休みしたら、お腹が空いた。昼食は、ホテル近くの合興潮州粉綿専家というお店でいただきました。

食べたのは、自製牛丸麺(HKD20)、四寶魚麺(HKD30)、レモンティー(HKD6)。安いなあ。
f0154706_1801617.jpg
f0154706_1802718.jpg

味はまあまあ。夕食に期待をしよう。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 18:02 | 10年5月香港旅行
香港のホテル選びにはいつも苦労しております。みんなそうだよね。狭くて高い。安いとやはりそれなり。年始に泊まったアイランドパシフィックホテルも今ひとつだったっけ。

で、今回は前回の香港旅行でぶらぶら歩いて町の雰囲気が気に入った湾仔に的を絞り、探してみました。見つかったのが、クチコミの評判が上々だったメトロポールホテル湾仔

値段はSpacious Comfort Room 3泊4日で HKD 2,376(日本円で2万6200円)。これは、Special 3 nights promotionで、室料は10%offという設定です。ホテルのサイトから申し込みました。

結果、ホテル選びは大正解。もう定宿にしちゃおうかなーと思えるぐらい気に入りました。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 17:38 | 10年5月香港旅行
GWはチケットが高いからといままで旅行のスケジュールからまったくはずしてきた私。
3月のある日、なぜか急に思い立ってネットで香港行きの価格をチェックしてみたら、全日空のPEXは5/7発が3万5000円であると知り、「これはいかねば」と即予約。
  
  NH909 NRT 10:00  → HKG 13:35

こうして、生まれてはじめて(かな?)GWに海外旅行に行くことになりました。
GWの後半戦に出発すれば極端に高くはないのねー。

ということで、毎年年末年始に長い旅行をしていた私たちのポリシーも転換。
GWをメインの旅行(2週間ぐらい)に充てようと決めました。これなら、「寒くてかなわん」と行くのを躊躇していた国にも足を伸ばせる。選択肢がぐっと増えそうです。うれしや。
[PR]
by butterbur-sprout | 2010-08-04 17:35 | 10年5月香港旅行