毎日が旅の支度 旅の準備


by butterbur-sprout
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イスラムアート美術館は楽しい

イスラムアート美術館に行くのは今回が二度目。モスクの精巧な模型をもう一度見てみたかったのと、併設のショップでアラベスク模様のマグカップやコースターを買うのが目的です。

2年前は、写真撮影全面不可だったのに、今回は「ストロボなければOK」とのことで、いっぱい撮ってきました。

この美術館、まずココ自体が美しい。天井なんかこうですよ。
f0154706_1622377.jpg
吸い込まれそう。
f0154706_1623047.jpg
ふさわしい言葉はなんだろう。清冽にして優美? 精巧にしてダイナミック? 

訪れたことがあるモスクの模型は、感動もひとしお。
f0154706_16251451.jpg
これはサマルカンドのモスクです。
f0154706_16253430.jpg
こっちはイスファハン(イラン)のモスク。「イスファハンは世界の半分」の言葉通り、圧倒的な美しさでしたが、厳寒の時期に行ったのでしんどかった…。今度行くなら絶対春だ。
f0154706_16264029.jpg
これはダマスカスのウマイヤドモスク。
f0154706_16271981.jpg
模型を見て、がぜん行きたくなったタージマハール。美しい。
f0154706_1629731.jpg
中国・西安にある清真大寺。その土地仕様の個性あふれるモスクを一度に楽しめるのはこの美術館しかない、おそらく。

美術館には、模型のほかに、衣服、書物、カリグラフィの道具、宝石箱・小物、器など多彩なイスラム美術品が展示されています。
f0154706_1632231.jpg
アラビア文字の書体がこんなにあるって知ってました?

興味を引かれたのは↓の書です。清真大寺に保管されていたもののようですが、よく見るとアラビア語が書いてある。一番下の部分ね。
f0154706_16332118.jpg
これ、 الله(アッラー)なんですよ。だまし絵みたい。
f0154706_16341137.jpg
ここにも実はアラビア語が。花瓶の胴体上の部分です。

じっくり見ていると時間がいくらあっても足りません。
多分、また行くと思います。気も狂わんばかりに細かく描き込まれていて、見るとめまいをおこしそうな感覚に陥るアラベスク模様とか、イスラム建築に少しでも興味がある人には絶対お勧め。観光客はかなり少なめなので、じっくり堪能できます。
[PR]
by butterbur-sprout | 2011-08-04 16:36 | 11年7月クアラルンプール旅行